カルチャーカフェのご案内1/25

 1月25日(金)19:30-21:30 

公文式オーバーカッセル教室にて 

Niederkasseler Kirchweg 112, 40547 Düsseldorf 

(日本人幼稚園の2軒隣です。付近に路上駐車できます。) 

 

 テーマ: 「世代を超えた連帯をソウゾウする:児童文学からアニメへ」 

子どもから大人まで人気のあるジブリ作品ですが、よくイギリスの児童文学作品からアニメ化されています。今回は、ファンタジーというジャンルに注目し、『思い出のマーニー』 (2004)と『ハウルの動く城』(2014)に隠れる政治性を紐解いていきたいと思います。「こどもと政治」というと、水と油、相反する関係と感じられるかもしれません。しかし、児童文学の主な読者層は、実はこどもたちだけではありません。この2つの作品には、老婆と子どもという共通した関係性を通して、語りつなぎ、紡ぎ続けるメッセージが隠されているようです。ご一緒に考えてみませんか。 

 詳細はこちらをクリックしてください→ PDFちらし

どなたでもおいでください。ただし、会場準備の都合上、1月21日(月)までにお申し込みくださいますよう。

連絡先:culturecafe@outlook.jp

Tel:0211-573573 (月・木 14:00-19:00) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください