【test】食材のこと

・野菜

・くだもの

・番外編 乳幼児にもおすすめのパン屋のパン!

 

やさい
Spitzkohl(尖ったキャベツ)日本のキャベツに一番近い味。千切りで生で食べても茹でても美味しい。
Kohrabi (コーラビ) 少し食感が違うが、大根のようなお味。皮をむいて切ったものをドイツの幼稚園ではオヤツに出てくる。お味噌汁にいれても美味しい。
Rote Beete(テーブルビート)1時間ほど鍋で茹でて、スライスしてサラダに。
ゼブラなす 米ナスよりも皮が柔らかく、日本人の料理に使いやすい
Spargel(白アスパラガス)季節限定のドイツ名物。茹でるだけでなく、湯がいてサラダにしたり、食感を楽しむ季節物。
Grünespargel(緑のアスパラガス)
Japanische Auberginen(日本なす)REWEで発売されている。日本のなすとはぶっちゃけ異なるが、皮が柔らかく、火が通りやすいので、炒め物、お漬物にもできる。
Bärlauch(ラムソン)春限定のハーブ。ニラの味がするので、餃子・チヂミに使える
Porree(ネギ)冬のお野菜。鍋や炒め物に使える大きなネギ
Zwiebellauch(小葱)おうどん、ラーメン、お味噌汁に入れる日本的ネギ。
Schnittlauch(わけぎ)ハーブコーナーにある、小さなネギ。

きのこ
Steinpilz 超季節限定のきのこ。パスタに入れることが多い。
Pfifferling(杏子茸)クリーム・アリオリオのパスタや炒めてサラダやお肉の添え物にする
Shitakepilz(しいたけ)日本のしいたけの味・香りと比べるとうすーい味
Kräuterseitling(エリンギ)

じゃがいも(Kartoffeln)
Laura (ピューレにするといい)
Anabell (ポテトサラダにするといい)
Neue Ernte (新ジャガ。茹でるか焼くといい)

Festkochen(茹でてもカタチが崩れづらいシャキシャキ系)
Mährig (茹でると崩れる、ホクホク系)

くだもの
Kirsch (さくらんぼ)アメリカンチェリー。ドイツ産が出ると高いが肉厚で美味しい。
Erdbeere(いちご)イタリア・スペイン産から始まり、ドイツ国内産がでると甘くて美味しい。
Stachelbeere  酸味がありジャムにする
Brombeere(ブラックベリー)
Heidlbeere(ブルーベリー)
Himbeere(ラズベリー)
Johanessbeere(ヨハネスベリー)スイーツに添えるかジャムにして食べる
Pfrisch-gelb (黄桃)
Pfrisch-weiß(白桃)
PlattePfrisch(平らな桃)日本の桃に一番近い!
Nektarin(ネクタリン)桃とりんごの合いの子。皮ごと食べる。
Nashi(なし)日本の梨に比べて、甘み&水分が少ない
Kaki(柿)日本ほど甘くない
Ananas(パイナップル)
Rhabarber(ラバーバ)酸味が強く、コンポートやジャム、ケーキに入れる