めんめさんの出産体験記

お名前:めんめ
年齢:33歳
出産病院: エヴァンゲリッシュ
おススメ度:★★★★
分娩方法:自然分娩

数年前に改装されたばかりで、病室はかなりきれい。
3人部屋に1人で泊まれた為広いし、夜中子供の泣き声を気にせずに過ごせました。
又、出産初夜は赤ちゃんを預かってくれるので、疲れた母体を休めることができて良かったです。

明るくきれいな部屋で、とても快適でした。

明るくきれいな部屋で、とても快適でした。

1人目は日本で生み、生後6カ月でドイツに連れてきました。
ドイツでは無痛分娩の保険がきくと聞いていたので、第二子出産の際には絶対に!と、第二子妊娠時にその予定で手続きを進めていました。
いざ陣痛が来て病院に行くと、忘れられないように念押しの為に「無痛分娩でお願いね」と助産師さんに早々に伝えておきました。
すると、「まだ早いわ~」とあしらわれ、いよいよ「痛い!!」と思い再度「無痛でお願いね!!」と伝えたところ、「もう遅いわ~」って。
「え~~~!!!(;O;)」って思ったけど、その数十分後には元気な赤ちゃんが生まれてきました。

DSC05694
結果的には、第二子だったので苦しむ時間も短かく、自然分娩で良かったのですが、適当――というか、助産師さんのさじ加減で自然分娩に誘導されたのかな~なんて今となってはいい思い出となっています。
産後のケア(ヘバメさんが家にきてくれる)については、何か困ったこと、おっぱいの出が悪い、もしくはおしもの状態が不安、などがあればお願いしようと思っていましたが、特別困ったことも起きず、更に第二子だったこともあり、勝手がわかっていたのでお願いしませんでした。
結果、産後1ヵ月検診に産婦人科に行くだけで済みました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください