食べれぽーマニアに喜ばれるドイツ土産 SCHO-KA-KOLA

IMG_2176お友達から頂いたおもしろいチョコをご紹介します。ドイツで1935年から作られているチョコレートで、第二次世界大戦のときにはドイツ軍に実際配られ、口にしていたものらしいです。

ケースにも但し書きがあるのですが、妊婦さんやお子さんには食べてはいけないという相当なカフェインが入っているチョコです。原材料にはコーヒーのカフェインとコーラペーストという自然由来の植物から採れるカフェイン)が含まれています。なんとチョコ1個にエスプレッソ8杯分のカフェインが含まれいているとか!!!戦時中は、エネルギー補給として重宝がられたようですが、現在に応用するならば、ここぞという徹夜やドライブといった寝てはいけないシチュエーションでかなり重宝されそうです。

パッケージの中にはショートケーキのように三角にカットされたチョコレートが8個づつ、2段入っています。味はただ苦いです。良質なカカオの苦味とは違い、ただ苦味が口に広がる感じ。美味しいか美味しくないか。。。と言われると、チョコレート好きには不評だと思います。ただ、軍事マニアやちょっと変わったお土産を求めている方には、喜ばれると思います。

IMG_2178パッケージもかなり軍事マニアが好きそうなデザインです。日本では成城石井などの輸入食材を扱うスーパーで入手可能のようですが、おそらく高いはず。ドイツではそこらにあるスーパーREWEのカッセの横にたくさん置いてありました。しかも、こんなお安く。どうやら限定バージョンの生成りのパッケージもあるようです!

ハイネマンやピエールマルコリーニもいいけれど、ネタのためにこんなお土産はいかがでしょうか?

文責 管理人ヒサコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください