冬ジョグはじめませんか?ージョギングインストラクターからのアドバイスー

 
IMG_4053
食べ過ぎてしまう年末年始・・・健康のためにも体をうごしかしませんか?今回はジョギングインストラクターの金城みどりさんに、冬のランニングの注意点について伺いました。
 
ジョンギングインストラクターの金城みどりです。私は一年のうちで冬ランが一番好きです。なぜって。 走ると、温かくなるから!
冬は温泉にでも行かない限り汗なんか出てこない・・・寒いし外に出るのは嫌だけど、いざ外に飛び出してみると、こわばった体がじわじわ温まっていくその感覚が好きです。ただ、風邪をひきやすいのも事実。健康のために走って風邪をひいてしまっては、本末転倒です。
 
そこで、冬のランを快適にするポイントをいくつか説明します。
 
☆ウオーミングアップをしっかりと
寒いからさっさと走って温まりたいところですが、走り始めは慎重に!冷えた体は簡単にはほぐれません。急に強度をあげると心臓にも体のふしぶしにも負担が大きくかかります。まずは家の中で腕ふりやジャンプ運動等で体にこれから走るよ!と体にサインを送りましょう。時間のない方は家事の中で、しっかりしゃがんで立って動きを大きくしてみましょう。いざ外にでたら、まずはウオーキングから徐々にランニングへ移行していきましょう
 
 
☆真冬は肌の露出をできるだけなくすこと
足首、手首、耳など。。少しの露出が命取り。私にはニット帽、タートルネックのシャツに、長めの手袋、レッグウオーマーは必需品です(写真参照)。
 
☆服装は、厚着しすぎず薄着過ぎず。素材に気を遣う
冬の冷気の中で火照ったからだは急速に冷やされていきます。肌に直接触れるものが綿等の汗を吸い取る素材だと冷えの追い打ちをかけます。速乾性と防寒性があるものがお勧めです。その上にウインドブレーカーを羽織るか、寒ければブレーカーとの間にジャージやトレーナーを一枚入れ走ることをオススメします。
 
☆水分を補給する
汗をあまりかかないので必要なく思う方もいるかもしれませんが、水分補給は非常に大事です。冬は湿度が低く、かつ乾燥がひどいため、皮膚からも水分がどんどん出ています。意識的に水分を補給しましょう。
 
☆運動後はストレッチより冷えを優先する
汗をかいた場合は速やかに着替えをし、体温を下げないようにしましょう。体が冷えると疲労物質が停滞してしまいます。時間がある場合は湯船につかるとベストです。体が温まったあと、ストレッチで使った筋肉を伸ばしてあげましょう。
 
IMG_1268_2
 
デュッセルドルフには素敵なランコースが沢山ありますね。なかでもgrafenbergerの森はすばらしい!
ゴルフ場から並木道に続き、広々とした麦畑と青い空。細い小道を抜けると牧場があって、急な坂道を駆けおりる!
ライン川沿いも気持ちがいいですね。
 
ちなみに、私はこんな格好で寒い冬はランでエンジョイしています。なんでもない小さな事を気をつけると、風邪を引かず、楽しくジョギングが続けられます。みなさんも、ジョギングをはじめてみませんか?
 
DSC09387ジョギングインストラクター金城みどり
 
高校、大学と一貫して陸上部に所属。全国高校駅伝4区出場。
大学卒業後は日系航空会社に客室乗務員として勤務。国内外のステイ先で走る事が生き甲斐となる。
ジョギングインストラクター2級、ナチュラルランニング指導資格を取得。体幹トレーニングを取り入れたランニングフォーム、 骨盤のゆがみ改善、心拍数マネジメントなど、心身の健康と美の両立を目指したランニングスタイルを追求。現在は自然豊かな神奈川県葉山町で葉山ナチュラルランニングクラブ』を主宰。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*