子どものお誕生日会の場所に困ったら・・・

IMG_4810ドイツではお誕生日は祝ってもらうものではなく、お友達を自ら招待して、祝って頂くもの。幼稚園や小学校でも、自分の子どもが誕生日の場合、親はクラスの生徒分のケーキを作って持っていくのが習わしです。

でも、小学生以上の男の子たちを10人以上も自宅に呼んでお誕生日会をするのは、家が壊れるのではないかと思うほどの大ダメージ。小学生にもなると、もちろん豪邸の方はおうちでされることもありますが、多くはいろんな施設を借りて、子どものお誕生日会パッケージを利用してお祝いすることが多いです。

IMG_4813今回はちょっと町中から外れますが、ビーチバレー、ビーチサッカー、ロッククライミングができる施設をご紹介します。Halle Menschという施設です。

ここではお誕生日会のコースがあり、子ども1人あたりいくらという料金設定で予約ができます。例えば、サッカーとロッククライミングがセットになっていて、さらにピザ(サラミかマルゲリータかその場で子供達が選べます)と飲み物が付いてきます。だいたい3時間のプログラムです。

IMG_4820ケーキは持参します。ドイツでは生クリームがついたケーキを子どもの誕生日に食べることを非常に嫌いますので、マフィンやパウンドケーキといった乾いたものが好まれます。この時のお誕生日会では、運動しながらつまめるスイーツということで、ドイツ人のママはマシュマロを並べて、周りを結び、上にスマーティーと呼ばれるカラフルなチョコを置くというシンプルなものを用意していました。

Halle Menschの子どもお誕生日コースはこちらをクリックしてください。

IMG_4822家でバタバタされるよりも、のびのびと子供達はエネルギーを発散させながら、思い出づくりができます。親としては怪我や事故に注意する必要はありますが、ストレスを軽減してお祝いすることができますので、オススメです。とはいえ、冬や天気の悪い週末に家族で利用するにも楽しい施設なのでぜひご利用ください。

レポーター 管理人ヒサコ

3 Responses to 子どものお誕生日会の場所に困ったら・・・

  1. Torico のコメント:

    ヒサコ様
    いつも、多種多様な情報をフムフムと楽しく拝見させていただいております。
    ちょっと論点がずれてしまって恐縮ですが、素朴な疑問で、ドイツの方々はなぜ「お誕生日に生クリームケーキを食べるのを嫌う」のでしょうか?彼らが元々、生クリーム仕様のものがあまり好きではないというのは承知していますが、特に子供のというところに、味覚上の好みとは別の理由もあるのでしょうか?周囲を汚しやすいとか、縁起が悪いとか!?

    • hisako のコメント:

      Toricoさま、いつもフムフム読んでいただき、どうもありがとうございます。生クリームのケーキを嫌う理由ですが、まず幼稚園でも小学校でも先生から言われました。その口調から察するに、生クリームがベトベトとその辺に着くのが嫌なのだと思います。まさに周囲を汚しやすいからという理由かと。。。実際、我が家では5歳の誕生日で10人以上のドイツ人の子供男女を呼び、ロケット型ロールケーキ(周囲を生クリームで覆ったもの)を張り切って出したら、ほとんどの子供が手をつけませんでした(涙)経験値からなので、なんともいえませんが、子供が嫌がるというのと、周りが汚れるので扱いずらいという点で、嫌がられるのだと思います。私見ですが、経験的なものから導いたのなので、あながち間違っていないと思います。

  2. Torico のコメント:

    hisako様
    やはりそういうことですか~。特に幼稚園とかでは、悲惨なことになりそうですよね。
    それにしても、こちらの子供は、本当にチョコかチーズケーキって感じですよね。大人は意外と生クリーム系のケーキも食べているように思いますが、どの段階で食べられるようになるのか、聞いてみたいです(笑)hisakoさんの力作ロールケーキ、私が代わりに皆の分までたいらげたかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください