おばあちゃんのお手当て ホメオパシーでの春の症状ケア 4/26

春先の心のお手あて・花粉症・女性の冷えの問題

お薬を飲む前に、家庭でできることはたくさんあります。実は人間の体も大自然とおなじでリズムがあります。 春は芽吹きの季節です。体も心も芽吹くものです。症状=メッセージということを知れば見守ることも大切なことだと理解できます。

自然な体の仕組みを知ること、そして家庭でできることを知れば  症状や病気は、まったく怖くないものに変化しますよ!

ドイツ・日本のおばあちゃんのお手当て ・ハーブ・アロマ・フラワーエッセンス 

ホメオパシーでの春の症状へのケア

費用35ユーロ (託児:5ユーロ)花粉症・春先におこる心のケアなど

4月26日 火曜日  午前10時~12時

場所   「子育てサポート ぶなの森」

住所  Tersteegen Star.58.  40474 Düsseldorf.   お申し込み  西岡真理子まで

 電話  0163 5570107   E-Mail  mariko@bunanomori.de

 

講師 森 さやか

ホメオパス・フラワーエッセンスプラクティショナー・ハーブ教育者

こどもの病気をきっかけに自然療法と出会い、ホメオパシーの専門家に。

アトピーやぜんそくのアプローチや家庭でできるケアを得意とする。

ドイツではハーブやローフードをとりいれた生活を送っております。

著作「ホメオパシーってなぁに?」「家庭でできるドイツ自然療法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください