フラワーエッセンス入門 5/24  ぶなの森主催

スクリーンショット 2016-05-10 10.47.46フラワーエッセンスは、今から約80年前に英国の医師エドワード・バッチ(1886〜1936)によって作られた花のエッセンスです。バッチ博士によると

「病の真の原因はその人の本質である魂と、表面意識である自我の葛藤にある」

と考えました。つまり自分らしい生き方をしていないとき、病気になる!ということ。

病気=身体に症状になる前の段階として、まず感情や心に「不調和」として現れていると考えました。 怒り、恐怖、不安、しんぱい・・・などのネガティブな感情は、

   『不調和』の表れなのです。フラワーエッセンスは、

そのエネルギーを再び調和させるために花から生まれました。 あなたの心の傾向を知って、あなたに語りかける フラワーエッセンスに出会ってみませんか?

・フラワーエッセンスはなにか?

・どんなときに使うのか?

・バッチ博士とは?

・あなたのフラワーエッセンスは?

・フラワーエッセンスはどこで購入できるのか 

という基本的なことを、この講座で学びます。

そして実際にフラワーエッセンスをとって、体験してみてください。

日時 5月24日 火 10時~12時  代金 35€    託児5€ 

 (フラワーエッセンスボトル希望者 ぶなのもり特別価格 5€)

申し込み:ぶなの森 西岡真理子

Tersteegen Star.58.  40474 Düsseldorf. 

電話  0163 5570107        

E-Mail    mariko@bunanomori.de

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください