たべれぽ ドイツ人のシュパーゲル最新事情 〜え!茹でないの?〜

unnamedドイツ人家族からシュパーゲルパーティーに招かれました。あーまたふにゃふにゃに茹ですぎた白アスパラに、コッテリしたホーランダなんちゃらソースか。。。と全く期待せずいざ出陣。私がそこで目にしたものは・・・

IMG_6746おしゃれなキッチンに埋め込まれている蒸し器で蒸です。そう、なんと茹でないんです。シュパーゲル専用の背の高い鍋で砂糖いれたりして30分とか茹でるという私の古いドイツ人への偏見は一新されました!オーブンは別にあって、蒸し専用器だそうで、プログラムにあるWeißspargelモードで、シュパーゲルの量を何キロか選びます。中に水をいれるところがあり、そこに水をいれて、スイッチオンするだけ。

そして、出来上がったシュパーゲルはシャキシャキを少し残しながら、甘みが相当引き立っていました。手作りのソースもシツコクなく、ドイツ特有の塩っからさも皆無でした。

IMG_6745主食は当然じゃがいも。農家で買ってきたという採れたてじゃがいもは、茹でて皮ごといただきました。定番付け合わせはハム群。ちょっとスモークされたwachholderschinkenや普通のハムの周りにニラ風のハーブがついたKochoscinken mit Bärlauchがでてきました。

 

私のドイツ人に対する偏見が在独10年目にして覆されました。ちなみに招いてくれた家族は、ママがとても健康志向で、本人はグルテンフリーな健康な食生活を心がけている人で、食材すべてにこだわりを感じました。ドイツ人に食生活について学ばせられた週末でした。

文責 管理人ヒサコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください