ヨーロッパで最も美しい炭坑zollverein(ユネスコ世界遺産)Day Tripしよう!

デュッセルドルフから30kmほど離れたエッセンの街についてあまりなじみがないという方も多いと思うので、簡単にご紹介させていただきます。

エッセン市は元ルール工業地帯(社会科の授業で習った懐かしい名前)の中心に位置していて、1811年にクルップ家が鋳鋼工場を設置したことで工業都市として栄えました。

産業遺産のツォルフェアアイン炭鉱業遺産群Zeche Zollverein

スクリーンショット 2016-06-19 17.11.59市北部にあるルール工業地帯の産業遺産のツォルフェアアイン炭鉱業遺産群Zeche Zollvereinは、2001年にユネスコ世界遺産に登録されています。ヨーロッパ最大の炭坑所であったことと、ヨーロッパ産業遺産の道の重要なアンカーポイントであり、バウハウス様式という建築史の中で重要な合理主義的・機能主義的な様式が工場のデザインに施され、「ヨーロッパで最も美しい炭坑」であることが登録の理由と考えられます。現在では博物館やデザインミュージアムとして建築物の保存と機能転換に成功している事例です。

ツォルフェアアイン炭鉱業遺産群 Zeche Zollverein https://www.zollverein.de/

英語のページはこちら https://www.zollverein.de/service/english-page

行き方: エッセン中央駅の地下鉄乗り場から路面電車107番で15分位のZollverein駅で下車すぐ。

中心市街地から少し南に位置する、リュッテンシャイトRüttenscheidは、メッセも近くにあることからレストランやカフェが沢山並び、終日賑わっています。近くのフォルクスヴァンク美術館Museum Folkswangもアート好きにはおすすめです。印象派のモネ、ゴーギャン、ゴッホなどの絵画の常設展も充実していて、企画展もユニークな展示が多いです。2年前には、印象派時代の日本とヨーロッパの芸術の交流についての展示があり、見応えがありました。

フォルクスヴァンク美術館Museum Folkswang

スクリーンショット 2016-06-19 17.19.34https://www.museum-folkwang.de/

行き方: エッセン中央駅から地下鉄U11、107番、108番で、Rüttenscheider Stern下車。レストランやカフェが並ぶリュッテンシャイト通りを歩き、徒歩5分位。

 

スクリーンショット 2016-06-19 17.23.30

 田園都市 Margarethenhöhe

市南部は、比較的緑も多く、閑静な住宅地が広がっています。特におすすめなのが、クルップ家が1906年に建設を始めた田園都市マルガレーテンヘーエMargarethenhöhe。周辺の住宅地とは全く違う雰囲気を味わう事が出来ます。どことなくイギリス風で、住んでいる人たちが愛着を持って玄関先の植栽の手入れ等をされている様子が伝わってきます。中心の広場にはホテルもあり、ホテル内のRestaurant Mでランチや午後のケーキとコーヒーはいかがでしょうか。

Mintrops Stadt Hotel Margarethenhöhe  http://www.mintrops-stadthotel.de/de/

Steile Straße 46  45149 Essen  Tel.: +49 201 4386-0 info@stadt.mm-hotels.de

行き方: エッセン中央駅から地下鉄U17に乗りMargarethenhöhe下車(ひとつ前の駅Halbe Höheで降りてまっすぐ歩くと、住宅地の入り口から散歩できます。)

 

Villa Hügel

スクリーンショット 2016-06-19 18.34.27さらに南へ行くと、ルール川が流れる自然豊かな場所がいくつかあります。1873年に建てられたクルップ家の住居兼迎賓館Villa Hügelは、一見の価値があります。広大な庭園には世界各国から集めたとされる木々があり、ルール川の一部が貯水湖となっているBaldeneyseeも見渡せます。荘厳なヴィラの中も見学可能です。

http://www.villahuegel.de/

⚫高級レストラン レストラン Parkhaus Hügel (月〜金14:30から、土日祝日11:30から)

当時Villa Hügelへの来賓客を迎えた由緒正しいレストランです。

⚫カジュアルレストラン レストラン Hügoloss

ギリシャ料理のグリルがメインで、前菜も充実している、カジュアルなレストランです。

行き方: Margarethenhöheの路面電車の停留所からバス169に乗りBredeney下車、そこから徒歩で10分程。もしくは、エッセン中央駅へU17に乗って戻り、S-Bahn(S6)で直接Villa Hügelで下車。

スクリーンショット 2016-06-19 18.34.21Villa Hügelへは、デュッセルドルフからS-Bahn(S6)一本で行けるので、ちょっとしたお散歩がてらにいかがでしょうか。同じS-Bahnで、デュッセルドルフ方面のWerdenやKettwigで一度下車されて、こじんまりとした木組みの家々が残っている街並みを見るのもおすすめです。

 

りんごの木レポーター SK

10年間ルール地域に住むRuhrpotterin(ルールっ子)!現在はドルトムント工科大学で博士論文を執筆中。専門は都市デザイン。どのように持続可能な(自然に優しくみんなが長年満足できる)街区の計画、実現、利用ができるかということを研究している。もうすぐ新米ママ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください