必読!ドイツのKitaってなに?

ドイツの保育システム&保育事情

子供の成長は早いもので、気づくと子どもが保育園や幼稚園の申し込みが迫っている方もいらっしゃるのでは?今回はドイツの保育システムについて、大まかな概要をお話ししたいと思います。

◯日独の違い・ Kitaとは?
ドイツでは保育園と幼稚園の違いはあまりありません。というのも、日本のような幼稚園は文科省、保育園は厚労省といった管轄の違いがなく、ドイツではすべての保育施設は、Jugendamt(少年局)の管轄になっているからです。子供の保育施設を総称してKita( キタ)と呼んでおり、それはKindertagesstätteの略称です。デュッセルドルフ市に限って言えば、3歳以上の子供は誰でもキタで席をもらえる権利を持っており、さらに保育料は無料という家族政策を取っています(但し、食費Essengeldは支払う)。

以前は妊婦中にも申し込みができましたが、現在では出生後のみ申し込みが可能性です。働きたいママが多いため、3歳以下のKitaの枠は、想像をはるかに超える待機児童の数で、3歳以下で席をもらうのは、宝くじに当たるレベルだと揶揄されるほどです。それに加え、兄弟枠(Geschwisterkind)があるため、ほとんどがすでに入園している子供の兄弟で埋まってしまいます。また、行きたい幼稚園に知り合いがいると非常に有利に働くといわれています。申し込み時に、アピールできるところはアピールしておく必要性があります。また、シングルマザーは非常に優先順位が高いです。日本ほど厳密ではないポイント制が緩く働いているようです。

◯申し込み方法
Kitaへの申し込みは少年局が運営しているKita Navigator のサイト
https://www.duesseldorf.de/jugendamt/kinder-betreuen/kita-navigator.html
から行います。まずは個人情報を入れて、ログインできるようにします。そのあとは、申し込み時にをしたい幼稚園をクリックしていきます。登録しているメアドに、申し込んである幼稚園の説明会などのお知らせが送られてきます。

◯Kita以外の選択肢
kitaで席をもらえなかった場合は、Tagesmutterといって保育ママに預けるというオプションもあります。こちらも、自分の地域で見つけるのはなかなか難しく、仕事復帰を目前にしたママたちは血眼になって、預け先をさがします。それでも席が見つからない場合はPrivate Kindergärten つまり、無認可のプライベート幼稚園に預けるというオプションを選択します。日本同様、無認可保育園(幼稚園)は、市町村からの資金援助がないため、すべて利用者支払いとなります。朝から夕方まで毎日預けると、だいたい1000ユーロ/月 ほどの費用がかかります。一部は税控除に使えますが、期限が決まっているとはいえ、なかなか痛い出費です。
◯ 認可と無認可の違い
保育園運営における資金援助が市町村からあるか否かで判断されます。認可保育園(幼稚園と)では、公立(stättlich) (一部のモンテッソーリ幼稚園)運営母体が教会&互助団体系(Diakonie)(Karitas)(Evangerisch)(Katholisch)(お寺の恵光幼稚園と) (ユダヤ教の幼稚園)等、特別な教育理念があり、運営が親主導型運(Elterninisiativ)のシュタイナー幼稚園、森の幼稚園、モンテッソーリ幼稚園等が該当します。親が運営主導権を持っているため、自ずと園児の親は、月に数回運営に関わる必要があるようです。認可幼稚園の中でも、3歳以下の席がある場所と3歳以上しかない場所があり、2歳〜という幼稚園もあります。

一方、無認可保育施設は、概してプリバート(Privat)と言われています。日本人向け幼稚園では、ライン幼稚園、日本人幼稚園がそれに該当します。また、デュッセルドルフに限って言えば、インターナショナル幼稚園と謳うMobileやEverest、またインターナショナルスクールの幼稚園の部が、ノイスのISRやカイザースベルトにあるISDにもあります。また、3歳以下のの子供の預け先に困った場合は、個人が経営するドイツ人の保育施設Maus, Spielkiste, Frosch König, Obst Saladなどがあり、認可幼稚園で席がもらえず、それでも子どもを預けたいママたちの強い味方となっています。ただ、料金が高いのがネックですが、仕事の席を確保するための一時的な投資と考えているパパママも多くみかけます。

余談ですが、私の子供が通うDiakonie系幼稚園では、7人の3歳以下の枠を含め、今年は28人の子供の募集に対し、なんと700件の応募があったと園長先生が教えてくれました。日本だけではなく、ここデュッセルドルフも保育激戦区で、3歳以下のに関しては待機児童がたくさんいます。ただ、席をもらえるとママにとってはパラダイスです。朝7時半〜16時半まで昼食&おやつ付きで預けられますので、自分の時間が確保できるからです。日本と異なり、預けている間、ママは家で寝てようと、お買い物に行こうと、美容院い行こうと、誰にも咎められることはありません。ドイツ語学校に通うというのは、非常に有意義な正当性をもった保育を要する理由になりますので、ぜひ、申し込んでみることをお勧めします。

管理人 ヒサコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*