プライベートコックを呼んでおうちでパーティー🎶

プライベートコックという言葉はご存知ですか?
自宅にコックさんを呼んでパーティーをすることです。今回はドイツではで初めてコミュニオンという日本でいう七五三的なキリスト教のお祝い事に招待頂きましたので、そこでのプライベートコックを呼んでのご自宅パーティーをレポートいたします。

コミュニオンとは、キリスト教には10歳の歳になると教会で祝福され、家族や親しい人を招いてお食事をするというしきたりのことです。昔は家に親しい人を呼んで教会後にお祝い事していたそうですが、今では殆どの人は、レストランで行うそうです。日本の七五三も一緒ですね。

今回は自宅でコックさんにお料理を作ってもらうというスタイルでしたが、自宅でワイワイやる気兼ねなさと、レストランで食べる本格料理の美味しさの、まさに自宅とレストランのいいとこ取りなオモテナシを受けました。グルメなご家庭なので、こだわりぬいたオモテナシに感動しっぱなしです。

教会で歌を歌ったり、子供たちが前に出て記念品を受け取ったあと、すぐご自宅に戻り、家族やパーテンと呼ばれる親代わりの人、そして親しい友人でのパーティーでした。フレンチレストランでお食事するときのように、前菜から順番に運ばれてきました。美味しすぎる。。。レストランに行くより、優雅な気分があじわえました。

もちろん、テーブルセッティングは自分でする必要がありますが、1回の事前打ち合わせで、お料理の意向はもちろんのこと、家にあるお皿などのチェックもしてくれるので、いろいろ加味して、お料理を作ってくれます。

和を取り入れたフレンチだったので、ドイツ人のゲストたちは大満足。日本のいいところとドイツのいいところをミックスした料理で、自分で作ったわけでもないのに、日本人として、誇りを勝手に感じました。こどものお料理もお鮨やお蕎麦を別途用意してくださいました。

前菜。たけのこバジルソースやさば寿司など手の込んだ小さなお料理の盛り合わせ。

2品目のお魚。ドイツ人は焼き加減にまで感動してました。

メインの鴨。和風オレンジソースが今も忘れられません。付け合わせは蕎麦と旬のお野菜。

柚子シャーベット。

デザートのケーキはホストの手作りにプロのアレンジをほどこして。

プライベートコックTomo ミシュラン星付きフレンチレストランでの経験と和割烹での経験を活かした創作料理を得意とする

 

こんな素敵なパーティーがおうちでできるなんて!ホストのご家族とゲストたちは、ゆっくりお食事しながら、楽しくおしゃべりに興じることができました。私もこれからイベントがあるときには、ぜひプライベートコックtomoさんをお呼びしたいと心に決めました。

興味ある方はこちらにご連絡ください↓

privatkoch.tomo@gmail.com

レポート 管理人ヒサコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*