デーツで作る自家製みりん風調味料

ドイツで生活するうえで、日本人としては欠かせない日本の調味料。高いけれどなくなったらいつも日系スーパーで買い足している人も多いのではないでしょうか。

そんな調味料の中で、みりんの代わりになるものを自分で作れることをご存じでしたか?

材料はたったふたつ。

それは、デーツ(ドイツ語ではDatteln)と酒のみ。

デーツとは、日本ではナツメヤシと呼ばれるヤシ科の果物で、ドイツではだいたいどこのスーパーでもドライフルーツ売り場に売っています。食べてみると、干し柿のようなねっとりとした食感と優しい甘味がする、加えて栄養もたっぷりな万能果物です。

 

 

これを、お好きなお酒(我が家では、一番コスパのよい日本酒を2Lパックで購入し、料理酒として使っています)の中に入れて冷蔵庫で1~2日置くだけ。

 

お酒は、自分の好きなものならなんでも大丈夫で、くせのないハードリカーでもよさそうですよね。お酒が減ってきたら上から継ぎ足し、甘味がでなくなったなと思ったらデーツを差し替えてください。残ったデーツは小さく切ってパウンドケーキなどに入れてもいいですね。日本でいう梅酒の梅みたいな感じかも?

 

 

 

 

できあがりは、こちら↓

というわけで、今回は自家製みりん風調味料のご紹介でした!

りんごの木レポーター まる子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください