【たべれぽ】C`s Hoppeスイーツの試食&品評会

IMG_8715りんごの木では、5月より販売開始となるC`s Hoppeさんのスイーツのテイスティング&品評会を開催しました。新作も含め、グルメな主婦&主夫たちが、 若干ビターな意見も交えながら真剣に、そして美味しく、スイーツ品評ディスカッションで盛り上がりました。パティシエちひろ氏が用意してくださったのは、以下の13種類のケーキ!!!

  • いちごショートケーキ
  • 抹茶テリーヌ
  • チョコテリーヌ
  • ベイクドチーズケーキ
  • キャラメルチーズケーキ
  • シュークリーム
  • キャラメルプリン
  • ティラミス(新作)
  • タルト ショコラ カフェ
  • キャラメル アマンド
  • 紅茶シフォンケーキ
  • レモンケーキ( ケイク オ シトロン)
  • 純生ロールケーキ

(ケーキについてはC`s HoppeのHPに詳細が掲載されています)

FullSizeRenderすべてのケーキを並べて、コーヒーカップを片手に試食スタート!まずは上質なスイーツに囲まれ、視覚と雰囲気で気分がアップ。そのあとはシュガーハイで、アルコールなしでも皆ハイテンションに!なんたって東京にあるマンダリンホテル(6つ星)でパティシエをされていただけあって、すべてのケーキが上品で美味しい!

IMG_8724一番の人気だったのは、キャラメルアマンド。みかけは地味なベージュカラーですが、口にいれた途端にふわふわっとした軽い生地の食感と濃厚なキャラメルクリームがお口の中で混じり合い、そのあとにナッツのサクサクがきます。主夫の河本パパは一瞬言葉を失い、5秒ほどで食べてしまった自分に「軽くて美味しすぎるので、ぱくっと食べてしまったけど、もっと味わうべきだった。。。」「これはドイツでは食べれない上品なお味!」というほどの絶品。私も見た目の地味さと立体的な味のギャップに度肝を抜かれました。

そして、新作のティラミス!3人娘を引き連れて参加の敦子ママから「これなら子供も食べられるマイルドな美味しさ!」とのコメント。パティシエちひろ氏は「お子さんも食べられるよう、今回のティラミスはリキュールを使わず、メレンゲも入れずに作りました」との説明をいただきました。なるほど。たしかに、こっちのイタリアンレストランの酔っ払いそうなほどのひたひたリキュールがないので、チーズ本来の味わいを楽しめました。

管理人ヒサコが感動したのは抹茶テリーヌ。「ドイツにいる日本人は誰もが抹茶スイーツを恋しく思うもの。濃厚な抹茶が口の中にしっとりねっとりと長く楽しめる抹茶テリーヌは、まさに私が欲していた味でした」とコメントしました。すでに抹茶テリーヌは、人気商品のようで「小さく切って、少量を食べて楽しむのがテリーヌの醍醐味。食後のデザートでもいいですし、ワインの肴にもなりますよ」とパティシエちひろ氏。確かに、白ワインやシャンパンなどに絶対あうお味なんです!

IMG_8721こどもたちに人気だったのは、紅茶シフォンケーキ。ドイツにはないふわふわ&しっとり(ドイツだとふわふわ&ぱさぱさ)が、子供たちが欲していたのかもしれません。「どれが一番美味しかった?」という難問に対し、子供たちは「ぜんぶ美味しくて決められない」という返答だったので、とても強引に一番を決めてもらいました。

そして、りんごの木からは「どれも美味しすぎるので、ちょこちょことたくさん食べたい!だから、いろいろちょこちょこ入っているセットがあれば、ぜひ買いたい!」という総意をC`s Hoppeのパティシエひちろ氏に伝え、美味しさと幸せで満たされた状態で、試食品評会はお開きとなりました。

まずは5月19日(火曜日)12:30 ~15:00 (ライン幼稚園での受け取り)を開始されるそうです。(注文締め切りは受け取り10日前)

販売会の詳細につきましては、ちかぢか追って、りんごの木でもお知らせいたします。

レポーター 管理人ヒサコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.