美香さんの出産体験記

名前:美香
年齢:43歳(第一子出産:39歳、第二子:41歳)
出産病院:エヴァンゲーリッシュ病院
評価:★★★★(二人の平均)
分娩:自然(2人とも) ※無痛麻酔の準備はしてたが。。。私は高齢出産、初産だったので、ドイツでの出産にかなり不安がありましたが、中川先生という日本人の産婦人科があったので思い切ってドイツ出産を決心しました。日本は予定日よりもかなり前に病院を決めておかねばならなかったり、代金を徴収させられたりしますが、ドイツは極端にいえば出産直前でも病院に駆け込んで出産できるところは安心材料の一つでした。

出産する病院はドイツの病院で、先生も看護師も助産師も当たり前ですがドイツ人。でも出産する時は言葉は分からなくてもあまり困りませんでした。それどころではないので(笑)。こちらでは立会いが普通、もしくは当たり前の風潮で、なので旦那さんに立ち会ってもらっているのも安心でした。

ドイツで良かったな、と思ったのは、陣痛が来ている時、痛くて我慢していたけど、看護師(助産師?)にお風呂に入るかと聞かれ、入らせてもらったことで気持ちがゆったりでき、そのおかげで子宮口が順調に開いた感じでした。入院中は、さすがに困ったことが多かったです。

ここでは会話が必要ですから。。。でもなんとかなりました!(笑)エヴァンゲーリッシュは日本人の通訳さんがいるので、大事な手続きなどは通訳さんを通じてできましたので、助かりました。それから、退院後にヘバメ(助産師)さんを使うことがドイツでは普通なのですが、ヘバメも通訳さんが紹介してくれたので助かりました。そのヘバメは多くの日本人をみてきているので、初めてでもすんなり溶け込め接することができました。

日本でも、出産前の母親学級みたいな勉強会のようなものが産婦人科で開かれていると思いますが、ドイツでも中川先生のところで定期的に開催されており、それに参加して友達を作れたことが、ドイツでの出産をはじめ、生活全般を支えてくれたものと思っています。

ドイツでの交友関係は助け合いなので、本当に友達に助けられました。

3 Responses to 美香さんの出産体験記

  1. mitumitu のコメント:

    2月に出産予定です。初めての妊娠でドイツで出産しようと思っています。助産師が見つかるか心配です。日本人の助産師は家が勤め先の病院から遠いとのことで断られてしまいました(;O;)ドイツ語も英語も怪しいので日本人に慣れた助産師さんが良いな〜と思っています。
    美香さんの助産師さんのお名前と連絡先を良ければ教えて頂けないでしょうか?
    それと、出産されたエヴァンゲーリッシュ病院は見学会などに参加されましたか?

  2. 美香 のコメント:

    mitumituさん、こんにちは。
    初出産、不安がたくさんありますよね、しかもドイツ・・・
    私は既に、日本に帰国してしまっているので、大変申し訳ありませんが、助産師さんの名前すら忘れてしまいました、ごめんなさい!
    でも、エヴァンの日本人通訳の方は、越村(こしむら)さんとおっしゃいます。
    越村さんの連絡先も忘れてしまい、でもエヴァンの産科の先生なら、連絡先を知っていると思います。
    越村さんなら、助産師さんの連絡先を知っていると思います。

    エヴァンゲーリッシュ病院は見学に行きましたが、当たり前ですがドイツ語オンリーなので、何を言っているか全く分からずでした。説明の後、病院内を見学するのですが、どんな様子かを事前に目で見ることができたのは良かったと思いますよ^^

    • mitumitu のコメント:

      コメントありがとうございます!そうなんですね(笑)
      まずは病院に見学に行って越村さんとコンタクトをとってみようと思います!
      ありがとうございましたm(__)m☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください