カテゴリーアーカイブ: ヒサコラム

ヒサコラムー小学1年生の成績

ドイツの公立モンテッソーリ小学校に通う次男坊にとって、はじめての三者面談でした。日本の三者面談では、主に先生と親が話すイメージですが、ここでは先生と子どもがメインで話をします。その中で親と先生との会話は付随的です。 モン … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラムードイツでの高校卒業後のキャリアの作り方

我が子が現在小学校4年生となり、小学校から次の学校へと進路を選択する時期がやってきました。日本でしか教育を受けてこなかった私には全くの未知の世界。周囲のドイツ人のティーンたちがどんなキャリアパスを歩んでいるのか、妙に気に … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ドイツ式子育てーおとなの死角で空想力を育む

前回のヒサコラムでは、リスクばかりに目を向けないドイツ社会について述べました。小学校の入学式では、子どもがアルコールを校内で売ったり、親が校内でお酒を飲んだり、また、バスの運転手さんが、電車の運転手さんが休暇で不足してい … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラム テキトーな国の心地よさ

先日の夏休み期間、電車の運転手さんが休暇で出払っており、電車の運行に支障が出るため、代わりにバスの運転手さんが電車を運転しているというラジオのニュースを聞いた。休暇大国ドイツならではだと微笑ましい反面、何かあったらどうす … 続きを読む

カテゴリー: お知らせ, ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラム 冬生まれの子ども〜入学の年が選べる?!

ドイツでは基本的には生まれた年で小学校入学が決まります。つまり同じ年に生まれた1月生まれ〜12月生まれの子どもが基本的には同時に1年生になります。日本では、4月生まれ〜翌年の3月生まれが同じ学年として入学するので、それと … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラムーTrivagoオフィス見学〜労働インセンティブの視点から

 日本政府は働き方革命を推進しながらも、抜本的改革には至っていないのが現状です。長時間労働をしている割には、生産性の観点ではドイツのほぼ半分という日本。おもてなし・サービス精神など、ドイツが日本から学ぶべき事も多いですが … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | 2 コメント

ヒサコラムー主体性を育むドイツの子どもたち

りんごの木管理人ヒサコの文章が掲載されました。 出典: 70&71ページ「こども環境学研究」Vol.13, No.3December2017    

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラムー森の幼稚園を訪ねる

森で社会性を学ぶ子どもたち 現在の社会では、頭がいいという定義自体が多様化しています。知識の量が多いとか、計算が速いことは、IT化社会ではさほど重要視されなくなりつつあるのです。そんな中、思考力、問題解決能力、表現力が頭 … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

日独比較文化論ー意見をぶつけることがコミュニケーション

ドイツは、日本での行き届いたサービスに慣れている人間にとって、非常に生活しづらいと感じる。なぜなら、日本のような至れり尽くせりのサービスが、日常生活において殆ど存在しないからである。日本での行き届いたサービスの根底にある … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | 2 コメント

固定観念を捨てよう!犬同伴出勤の校長先生から学ぶこと

うちの子供が通う小学校では、校長先生が毎日、犬を連れて出勤してきます。あまりにも自然すぎてツッコミを入れる余地などありません。笑顔で子供たちに挨拶しながら、颯爽と犬を連れて、校長室に入っていきます。 そこで、私は”あ、な … 続きを読む

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント