子育てサポート ぶなの森

「ぶなの森」はデュッセルドルフ・ゴルツハイムで託児・親子の遊びグループ、講演会・ワークショップを日本語で開催して、ドイツで生活するファミリーの皆様をサポートする活動をしている団体です。

自分の意志で自分の道をしっかり選択して生きていける大人になるために、幼児期に必要なことは何でしょうか?それは、健やかな身体と生きる意志を育てることだと考えます。ドイツで生まれたシュタイナー教育を取り入れ、「ぶなの森」は、子どもたちが安心して過ごせる場、遊びの中で創造力を十分に発揮できる場として、人や物の環境づくりを第一に考えて保育をおこなっています。

託児や親子の遊びグループにご興味がおありの方は、下記のアドレスにご連絡ください。

info@bunanomori.de       「ぶなの森」代表  稲垣真理子

新しいパンフレットです。詳細はクリックしてご覧ください。↓