The Diaper Cake Shop <おむつケーキ販売 >

特別な方への出産祝いをオーダーメイドいたします!

おむつを束ねて、デコレーションケーキに見立てた、可愛らしい新生児への贈り物。

お好みの飾りやギフトを添えて、素敵なお祝いをあなただけの一点ものにカスタマイズ。

みなさまに、喜びと幸せをお届けいたします!

ご質問はお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, ベビーのこと | コメント

思い出をカタチに〜プロによる家族写真の撮影レポ〜

次男坊が日本ではこの4月に小学1年生になるのを機に、我が家ではプロカメラマンの草刈麻里さんに家族写真を撮ってもらうことにしました。家族で旅行をしても、子どもの写真ばかりで、なかなかママが入った写真がなかったり、家族全員の写真がなく、少し寂しく思うことってありますよね。道行く人に撮ってもらった家族写真というと、皆がレンズを睨みつけて不自然だったり。。。
今回は、プロカメラマンの麻里さんが、私たちと会話をしながら、自然な流れで撮影を進めてくださったので、私が撮って欲しかった家族のナチュラルショットを、自然な感じでさりげなく撮影してくださり、とても満足のいく写真を撮ってもらうことができました!
まず、場所はデュッセルドルフのノルドパークに集合。もちろん、自宅での撮影なども可能ですが、我が家は小学校入学というライフイベントがメインだったので、桜の木があるノルドパークでの撮影をお願いしました。ここは日本庭園から噴水、アンティーク調な庭園や柱、芝生そして桜があるので、様々なシーンに合わせて、公園内を移動しながら撮影できます。撮影はだいたい1時間半ほどで、移動しながらなので、子どもたちも飽きることなく過ごせました。

麻里さんには、撮りたい写真の自分なりのイメージをいくつか持っていったので、それを上手に取り込んでくださいました。私は普段、家族同士では恥ずかしくて絶対撮れない親子のふれあい&見つめ合い写真をどうしても撮って欲しかったので、その意向をお伝えしました。子どもが思春期に入ったら絶対撮れないショットですし、家族同士の撮影ではなかなか撮れないショットなので、お願いしてよかったと思っています(お見せするには恥ずかしいのでここでの掲載は控えております)。

また撮影に、小道具を色々用意してきてくださり、自分では思いつかなかった素敵ショットを撮って頂きました。例えば、芝生の上に白いふわふわ毛布を敷いて、家族で寝転んで撮影したり、アンティークな洋書を子どもに渡して、二の宮金次郎風ショットを撮ってくださったり。。。成長する子ども、老いていく自分、、、プロに撮ってもらうことで、家族そして、それぞれの今を素敵なカタチに残すことができて大満足です。草刈さんがうまい具合に子どもと接してくれて撮影をするので、子供達もリラックスした状態で、普段の表情が引き出されて撮影に臨めたのがとてもよかったです。
さらに、絶対普段は撮れない夫婦写真も撮影してくださいました。確かにここ10年ほどは子どもとの写真はあるけど、夫婦のまともなツーショット写真がない我が家でしたので、恥ずかしながらも貴重なショットとなりました(こちらも掲載は割愛)
撮影後は、撮影画像の閲覧やダウンロードができるようにURLとパスワードが送られてきて、さらに希望をすれば撮影した写真をディスクにしてもらったり、プリントやアルバムにしてもらったりもできます。
りんごの木を見たと予約の時に伝えると10×15cmサイズのプリントを3枚サービスでつけてくださるとのこと!(2019年12月31日まで) ぜひ、自然がいっぱいで、撮影環境に恵まれているドイツで、プロの手による家族写真を残されることをオススメします!
←詳細はカメラマン・草刈麻里さんにお問い合わせください。
文責 りんごの木管理人 ヒサコ
カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, 遊び/おでかけ | コメント

5/3&4 コラボマルシェのお知らせ

petite hanaがオーバーカッセルのセレクトショップでコラボマルシェを行います!

詳細はこちらのちらしをクリック!お待ちしています!

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

5/4 チェロとピアノによるファミリーコンサート♬

森田ご夫妻のチェロとピアノのコンサートのお知らせです。

こころクリックすると拡大されます

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

竹の会オープンデー4/27

ちらしをクリックすると拡大します

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

Trivago新キャンパス潜入ルポ

デュッセルドルフが誇るITベンチャー企業トリバゴの働き方やキャンパスについて、以前レポいたしました(過去の記事はこちら→http://apfelbaum.jp/20180410)。バブリーなトリバゴが、なんと自社ビルを建築し、ごっそり引越しをしたということで、新キャンパスに潜入してきました。

食堂の一角

まずは食堂。50カ国以上の社員が働いているため、食堂にはあらゆるメニューがあります。ちょっとしたフードコートよりも遥かに多いです!アジアの中でも寿司コーナー、インドカレーコーナー、炒め物コーナー、タイカレーコーナー等に分かれています。イタリアン、ピザ等々、それはそれは回りきれないほどのコーナーが設置されており、多国籍食堂にはトリバゴのコダワリを感じました。

私はインドのチキンカレーをチョイス。ベジタリアンカレーも用意されており、あらゆる宗教や食の嗜好に対応している食堂から、オリンピックを控えた日本が学ぶことが多いと思いました。

各階の踊り場にあるくつろぎスペース

各階にあるスナック&お茶の小部屋

全体として言えることは、リラックスする空間があちこちに設けられていること。ロビーの奥にはソファが置かれ、談話する環境が整っています。また、各フロアにも、家のリビングのようなソファが置かれており、プラス、軽食が取れるスナック&ドリンクコーナーが設置されています。話し合う空間を随所に設けることで、チームで話し合って新しいものを作り出すという作業を大切にしているのだと思います。IT業界もしかり、個々人の力を合わせてチームで何かを生み出すという作業は、これからの時代も大切なスキルであり、それを助長するために、作業場となるキャンパスは、かつてのオフィスから進化しているのだと思いました。進化の方向は、個々人を断絶するのではなく、個々人をつなげるためのプラットフォームとしての役割が重要視されているのではないでしょうか。

前回の述べましたが、チームでの懇親会を兼ねたイベントを毎月企画し、それに補助金がでるという制度がトリバゴにはあります。ハード面もソフト面もチームでの働きをよくするためにあらゆる施策と投資がされていることを感じました。「休まず真面目に働け!」というのではなく「休みも入れながら効率よく働け!」というのが、パフォーマンスを向上させるのには適しているのかもしれません。

受付奥のロビー

シリコンバレーのアマゾンやグーグルさながらのテーマや人数によってデザインが異なるミーティングルームも見てて楽しいものでした。もちろん、めまぐるしいIT業界ですから、明日は我が身でいつ首を切られるか分からないという恐怖もあると思いますが、チームでのクリエイティビティを最大限に引き出すためのオフィスづくりを見て、ここで働くことが、刺激的で楽しそうでもありました。

文責 りんごの木管理人ヒサコ

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ヒサコラム「アイコンタクトの大切さ」

みなさん、乾杯する時は相手の目をきちんと見てますか?なんとなくグラスを眺めながら乾杯してませんか?

私の経験上、ドイツでは、みんなで一斉にグラスを傾けて乾杯することがありません。大人数のパーティーでも、近くにいる人たちと一人づつ乾杯をします。その時に重要なのがアイコンタクト。男女関係なくしっかりと目を合わせて乾杯します。これをしないと、怪しい人物だと思われますし、ビジネスシーンでは信頼関係が構築できません。

日本人の友人は、男性と目を合わせて乾杯するのは気恥ずかしいと言っていました。目を合わせての乾杯は少し思わせぶりではないのか?と案じてすらいました。いやいや、真逆なんです。ドイツでは目を合わせて乾杯しないと、パートナーとの関係に不満がある人だと思われるそうです。これは冗談交じりにドイツ人が教えてくれた言葉です。目を合わせないと勝手に憐れな人だと思われてしまうのです。それくらい、目を合わせることは大切です。

乾杯シーンだけではなく、挨拶で握手をする時も同じです。漠然と手を見ながら握手するのではなく、握手しながら相手の目を見ます。これをしないと、不誠実な人間だと思われがちです。真面目な日本人サラリーマンは、目を合わせないだけで損をしますので要注意です。

それだけではありません。道を歩いている人と車の運転手同士も、道を渡る時にアイコンタクトを取る傾向にあります。車が止まってくれると、歩行者はガラス越しに目を合わせてニコッとしますし、止まってほしい時も、歩行者は車の運転手に目を合わせにいきます。

このように他人とのアイコンタクトは日常生活の中にあふれており、ドイツ生活での潤滑油として重要な働きをしています。ドイツに赴任してきたばかりの方は、ぜひこのアイコンタクトをマスターすることをお勧めします。これこそが、ドイツ社会で信頼を築く上での大切なマナーだからです。

文責 りんごの木管理人ヒサコ

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

そろばん教室春期講習

デュッセルドルフそろばん教室は、日本の全国珠算連盟認定教場として、
認定を受けた珠算教師がそろばん、珠算式暗算の指導にあたっています。

指導方針:そろばんを通じ、成長する喜び・自信とこどもの自主性を育む

【そろばん教室春期講習】

デュッセルドルフそろばん教室では、今年も春期講習開催します。
人数に制限があるので、お申込予定の方はなるべくお早めにご連絡頂けたらと思います。

*日程:2019年3月18日(月)〜4月12日(金)の4週間
1週間単位でお申込みできます。

*時間:平日9時〜12時

*場所:Hansaallee 159, 40549 Düsseldorf

*料金:1週間 €120 / 2週間 €175 / 3週間 €230 / 4週間 €280
※1週目と3週目、のように週をまたいでのお申込も可能です

詳細・お申込はこちら
https://soroban-schule.de/blog/info/shunki2019/

【通常教室】
火・水・金
15:00~/16:00~/17:00~/18:00~
年中さんから中学生までが楽しく通っています。
https://soroban-schule.de

指導方法:
日本国内で定評のあるいしど式の指導を行っています。
https://www.ishido-soroban.com/・メンタルの持つ力を重視、「そろばんって楽しい!」という気持ちを土台にして
できた喜び、できなかった悔しさを糧に成長していくことを大切にしています。
・イメージ先行でそろばんを弾くことで暗算力がよく身につきます
・スモールステップの教材で1つずつ着実に必要な技術を習得していきます。
・個別対応の指導で、こどもたちはそれぞれの進度に応じた内容に取り組みます。
・日本と同じ検定試験をドイツでも受けることができます。
カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

家賃の値上げ!知らないと損する新しい法律!

最近、デュッセルドルフでは地価が高騰しています。住居が不足しており、新しいマンションが建築され、住宅街が開拓されていますが、間に合っていないようです。急に私たちの家賃が急に値上げされたら?そこで、今回は弁護士Jordeさんに、家賃の値上げについて、2019年1月施行の新しい法律をはじめ、気をつけるべき点をお伺いしました。

りんごの木管理人ヒサコ:

お忙しい中、いつもインタビューに応じてくださり、ありがとうございます!読者の方からも生活に役立つということで、とても反響があります。今日も早速、いろいろ聞いちゃいます!どうぞ宜しくお願いします。

弁護士Jordeさん: 読者の方が興味を持ってくださって、私もうれしいですね。今まではリノベや解約についてお話しましたが、今回は家賃の値上げについてお話します。

ヒサコ: 宜しくお願いします。

弁護士Jordeさん:

借りている家の家賃が上がるのは嬉しいことではないですね。もし、家賃の値上げに関する手紙を受け取ったとしても、落ち着いて対処しましょう。経験上、家賃の値上げ要求は、受け入れる必要がないもの、場合によっては法に反するケースもあるからです。ドイツの借家法では、家賃の値上げに関して厳しい制限をつけています。例えば、値上げをする場合、貸主は早めに通知し、正当な値上理由の説明と十分な猶予期間を設けなければなりません。値上の妥当限度も設けられていますので、それを超えることも許されていません。

ヒサコ:自分の身にふりかかった家賃の値上げが、正当なものであるかどうか、どうやって見分ければいいのでしょうか?

弁護士Jordeさん:まずは、以下の該当書類を揃えてみましょう。

・賃貸契約書

・賃貸契約の補足的な書類・手紙や同封物

・今回の家賃の値上げを要求している文書やそれに関する書類

・賃貸開始から今に至るまでの家賃の値上げに関する書類

・リノベーション告知等に関する重要なやりとり書類

それらの情報から値上が法的に妥当であるかどうかを見極める必要があります。

例えば、貸主が断熱性をよくするために、窓や暖房を新しくしたとします。これは法的に妥当性をもつため、この窓や暖房を新調したコストの一部を家賃の値上げ分として計上することが可能になります。2019年1月より、このコストの家賃への計上が従来の11%から8%に下げられました。リノベの後に法外な値上げを要求してくる場合がありますので、それが8%に該当するのか否かを確認することは非常に有意義だと思います。

ヒサコ:なるほど。そのために貸主から送られてきた細かい書類なども必要になってくるわけですね。

弁護士Jordeさん: リノベがされていないにも関わらず、値上げがされる場合は、何かしら具体的な正当事由で認められる場合がありまます。段階的な家賃の値上げなのか、あるいは法規に基づく値上げ(Die gesetzliche Mieteerhölung)なのか賃貸契約書を今一度精査する必要があります。賃貸契約書内に、妥当な家賃の値上げに関する取り決めが無い場合は、自動的に法規に基づく値上がり理由が必要となってきます。

ヒサコ: 法規に基づく値上げ (Die gesetzliche Variante)とは?

弁護士Jordeさん: 大幅な家賃の値上げから借主は法的に保護されています。そのため、あらかじめ家賃の値上げを告知するという猶予期間の必要性や、地域の地価に相応しい常識範囲内での値上げだけが法で許されているのです。一般的には20%ですが、例えば既に地価が高騰しているデュッセルドルフやメアブッシュ、ノイスでは15%、過去3年に同理由で値上がされておらず、家賃限度額に満たない等の条件を満たす場合にのみ、その値上げが許可されます。この様に、値上条件にも様々な種類があり、契約書、法律、組合せのコンプレックスで、残念ながら必ずしも正しい理解の上に値上がされていないケースが起こるのです。

ヒサコ:へー、そうなんですね。15%って。。。デュッセルドルフはかなりの値上がりが起きているんですね。興味深いです。揃えた書類と上記を加味し、やはり我が家の家賃が不当に値上げをされている可能性が高いと感じたら、どうしたらいいのでしょうか?

弁護士Jordeさん: 私のアドバイスとしては、まず近所の方と話してみるのが良いと思います。同じマンション内での他の大家さんも値上げしているのか、していないのか、またどれくらいしているのかといった比較情報を聞くのが良いでしょう。家賃の値上げは法的にも複雑で、感情的になりやすい問題です。関係によっては直接大家さんに値上の背景を聞いてみるのが良い場合もあります。

専門家に検証してもらう場合には、上記書類を揃えて依頼前に所見と見積を出してもらうことをお勧めします。所見でおおよその方向性が見えますので、依頼手数料とそのまま値上を受け入れる場合の費用比較をしてから次のステップを決めても遅くありません。どのような理由で値上げを要求しているのか、法的に有効な値上げか否かを見分けることは気持ちよく生活するにはいずれも重要なことでしょう。

ヒサコ: 不当と知らずに、過去に家賃の値上げを既に受け入れてしまっている場合はどうしたらいいですか?

弁護士Jordeさん:もし、不当な値上げであった場合には、過去に支払った不当な値上げ分の家賃を返金してもらうことができます。また、事実発覚以降は上がった家賃ではなく、上がる前の家賃だけを支払うことができます。もし、その家から退去し、引っ越しをしていたとしても、返金は有効ですし、借り上げ社宅として、会社がその家賃を負担してくれていたとしても、有効になります。

ヒサコ: なるほど。うっかり過去のことだからと諦めたり、会社がどうせ払ってくれていたからと諦めがちですが、会社にもコストセービングになりますし、不当な家賃の値上げについては遡って家賃を取り戻すことができるのは朗報ですね。とても参考になりました。地価が高騰するデュッセルドルフやその近辺の街に住む方たちは注意が必要ですね。Jordeさん、ありがとうございました。

Rechtsanwalt René Jorde
ドイツ弁護士 レネ ヨウデ(René Jorde )
10年以上に渡り、住居分野に特化した法務に従事。住居協同組合の役員を歴任。法律事務所では、不動産、著作権を中心に人々の生活を法的側面からサポート。
www.rene-jorde.de(日本語のページ有り) Mail: info@rene-jorde.de

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ | コメント

ぶなの森 ♪ 春休み 手仕事ワークショップ

ぶなの森では春休みに手仕事ワークショップを行います。

小さなご兄弟の特別託児もありますので、ぜひご参加ください!

詳細は下のポスターをクリックしてください↓

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント