ベビーシッター・キッズシッターお引き受けします!

りんごの木、イチオシのシッターさんのお知らせです。
ママの強い味方です。ぜひ、お気軽にお問い合わせください!
厳しいロックダウンの中、親御さんもお子さんも、ストレスが溜まってきているのではないでしょうか。お家時間が長くなり、普段の遊びに飽きて退屈さを感じているお子さんや、少しでもゆっくりできる時間がほしいという親御さんのお力になれればと思っています。
一人の時間がほしい、少し昼寝がしたい、病院に行きたい、家事をしたい、子どもに身体を動かして遊んで欲しい等々、理由は問いません。
感染予防対策をしっかりして対応させて頂きますので、安心してご依頼ください。
質問等もお待ちしております。
【時間】
基本的に平日夕方・週末が中心となります。
1時間からお引き受けします。
【プロフィール】
20代女性
保育士・幼稚園教諭免許保持者
保育園・幼稚園での現場経験あり
連絡先: hi.ta.su.2525@gmail.com
お気軽にお問い合わせください。
カテゴリー: お知らせ, イベント情報, ピックアップ, ベビーのこと | コメント

ドイツで年末の救急歯科へレポ

夜中に急に歯が痛くなった!しかも明日は週末で歯医者は休み・・・

海外に住んでいて、なるべく経験したくないもののひとつに、救急病院にかかることがあるのではないでしょうか。急な発熱に怪我…。今回私は、娘がクリスマス休暇中の救急歯科にかかるという、あまりうれしくない体験をしたので、どなたかの参考になればと、レポートさせていただきます。

4歳の娘が「歯が痛い」と言い出したのは、12月20日のこと。そこは、以前虫歯で治療した場所でもあり、正直「またか…」という思いでした。かかりつけ医に電話をかけたところ、「年内の診察は終了しました」という無情な自動アナウンスが(涙)。。。クリスマスまでは診察していると思い込んでいたため愕然としましたが、痛がるのも気まぐれのようだったので「うまく年明けまでもってくれればな…」という淡い期待も込めて経過観察することにしました。

が、そんな期待もあっさりと打ち破られ、だんだん毎食毎に痛いと泣き出すようになり、近所の歯医者に電話をかけるもどこも年末の自動応答。そこで、すがる思いで知り合いに相談したところ、教えてもらったのが

「ZZN(Zentrale Zahnärztliche Notdienst) https://zzn-duesseldorf.de」という救急歯科でした。

HPを見ても、電話番号は記載なし。メールの問い合わせフォームより問い合わせるようにとあるため、状況を英語で説明して送信すると、その日の夕方にドクターより返信があり「予約は必要ないから直接来てよいよ」とのこと。つまり、救急なので予約なく直接いっていようです。

そして出かけた翌日。

通訳担当に夫、娘の精神安定担当の私二人で娘を連れていったのですが、コロナの影響なのか「付き添いは一人まで」と言われ、あえなく通訳担当の夫は撤退。受付では、保険のカードを提出し、必要事項に記入。身分証明書(Ausweiss)の番号も必要なため、こちらも持参必須です。

受付が終わると、書類を渡されて奥の待合室で待つように言われます。さて、4歳娘と一緒なのでこの待ち時間が鬼門。部屋にはざっと5~6人の人がすでに待っており、何時間待ちかどきどきしながら娘と遊びながら名前を呼ばれるのを待ちます。

ですが、1時間たっても呼ばれる気配がなく、救急はそんなものだろうとは思いつつ、不安になってきた私。ふともらった書類に目を通すと、名前の横に大きく⑥の文字が。

受付に戻り、お姉さんに「名前じゃなくてこの番号で呼ばれるの?」と聞くと、「そうよ」と、あっさり。え、もしや、私たちの番号すでに呼ばれてた?番号なんて呼んでる感じじゃなかったのにな。。。。

待合室に戻った時に同じタイミングで診察室からでてきた看護師さんが発した言葉にまたもや衝撃。

「nächst!(次の人)」そして中に入る患者。

・・・?

番号で呼ばれるんじゃなくて、自己申告制?なになに??

診察室の一番手前にいた男性たちに番号は何かと見せてもらうと、なんと9番と11番!

ここは自分から名乗りをあげるシステムだったのですか?今までのほほんと待っていた私たちって??

次の「nächst!」で堂々と私の番だと主張し、ようやく中に入ることができました。

中では、書類を手渡し、今日は現金で50€支払うことを伝えられ、(これは後日送られる請求書の総額から引かれるらしい)診察開始。診察室は、かかりつけ医院よりは簡素な印象がでしたが、X線も撮ってもらい、悪い部分を確認して治療してもらいました。

先生も看護師さんも、英語でお願いと言うと英語を話してくれました。(ですが二人ともすぐドイツ語になってしまい、何度も聞きなおしましたが汗)

そしてようやく帰宅。家を出てから、ほぼ3時間かかっていました。無駄に待っていた時間が長かったですが、これも勉強ですね。なるべくないようにはしたいですが、次回はもっとスムーズに診察してもらえることでしょう。

追記ですが、この診察のあと、どうやら化膿していた部分がまだ落ち着いていなかったらしく、またもや娘が歯が痛いと言い出しました…

インターネットで必死になって調べていたら、その日に空いている歯医者を調べられるサイトを発見!そこから、年末予約のとれる歯科医を予約し、無事痛みを取り除いてもらうことができました。ドイツ語オンリーですが、翻訳機能を使って予約し、問診票もダウンロードできるので、辞書を片手に調べてなんとかなりました。

参考までにURLはこちらです。個人的にはこちらで空いている歯医者を探すことをお勧めします。

Doctolib  https://www.doctolib.de/

皆さん、くれぐれも歯の健康には注意してお過ごしくださいませ。

文責 りんごの木リポーター まる子

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, ブログ | コメント

ドイツでお取り寄せグルメ!北京ダック編

年を越すと、毎年すぐに私の誕生日がやってきます。もう誕生日を楽しみにする年でもなくなったのですが、美味しいもを食べて、年を重ねることを楽しむようにしています。本来ならレストランに行って家族に祝いしてもらうのですが、今年はコロナ。。。お店は閉まってるし、テイクアウトしたいお店は遠いし。。。

そんな話を少し愚痴ったところ、香港に長く住んでいたドイツ人夫婦から、めちゃくちゃおすすめのお取り寄せグルメがあると教えてくれました。それが今回ご紹介する北京ダックなのです!ハンブルグの中華レストランから北京ダックセットをお取り寄せしてみました。

日本ではないので、郵便にも不安がありましたが、発泡スチロールの箱にきちんとひとつづつ真空パックにされていて、まず安堵しました。あとは、そこから出して、オーブンで焼くだけ。薄餅(ポーピン)という北京ダックを包む皮は、ちょっと面倒ですが、一枚一枚剥がして交差させながら、一緒に送られてきた蒸し器に入れて、サラッと蒸します。

これら全ての過程が詳しく説明されているので、焼いた後のお肉の切り方や、薄餅(ポーピン)の扱い方などなど、間違いなくできるので安心です。https://www.pekingente.shop/p/pekingente  (ちなみに一羽で2人前です)

さてさて、食後の感想を。。。。かなりイケます。美味しいです!私たち家族はドイツに住む前にシンガポールに何年か住んでいたので、本場の中華の味にはうるさい方なのですが、シンガポールを思い出すくらい美味しかった!!!

本場の人たちは、北京ダックの皮だけを食べた後、お肉を他の料理にして(スープや、肉料理)何品かのコースにしてお店ではいただくのですが、家ですから、手抜きで肉付き北京ダックとして食しました。とはいえ、骨周りにたくさんお肉が残っているので、それをほじくり出し、最後は北京ダック炒飯でシメました。

子供たちもみんな喜んでいただきました。コロナで今は外食ができませんが、おうち生活をいかに楽しむか、いろいろ策を練って、クリエイティブに乗り越えていきたいものです。みなさんもお試しあれ!

お店の情報はこちら。http://www.restaurantchina.de

りんごの木レポーター WAKA

ドイツ人の旦那と、3人の子持ちママ。2011年からデュッセルドルフから北に車で25分の小さな町に暮らしています。ドイツ人の生活や暮らしのちょっとしたアイディアなど、身近な情報を中心にレポートします。

カテゴリー: お知らせ, カフェ&レストラン, ドイツの暮らし, ピックアップ, ブログ | コメント

生もみの木のリサイクル回収日!

あけましておめでとうございます。今年もりんごの木をよろしくお願いいたします。

年明けにまずドイツで行う事のひとつは、クリスマスで飾った生もみの木のリサイクル回収日をチェックすることです!

生のもみの木を買ってクリスマスを楽しんだ方は、そのもみの木を自治体が回収してくれる日があります。基本的には指定された日に、家の前の道路脇に置いておくと、ゴミ収集のAWISTAが持って行ってくれます。

かつては、1月半ばに家の2階の窓から使い終えたもみの木を庭に落とす(投げる?)と、その年は縁起が良くなるという言い伝えがドイツにあるそうです。集合住宅が多くなった現在では、縁起よりも通行人の危険性の方が高くなる可能性があること、また環境への配慮意識の高まりから、このように回収システムができていると思います。

ぜひ、この無料サービスをご利用くださいませ。住んでいる地域によって日にちが異なりますのでご注意ください!下記サイトで自分の住む地域の回収日をご確認ください。

https://www.awista.de/2020/12/abholung-der-weihnachtsbaeume-termine-2019/

りんごの木管理人ヒサコ

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, 家事全般 | コメント

ヒサコラムーマスク着用義務のお客とマスクをしない八百屋のおばちゃんの事例から学ぶこと

もともと、労働者の権利がやたらと強いドイツ。お客様は神様というノリで日本から来ると、強烈なショックを受けます。このショックはサービスの質の悪さから来るのですが、一方で労働者が守られているという観点からは関心することもあります。このコロナ渦でも、ドイツでは¥きちんと労働者を守るということは大事にされているなと再確認しました。

日本から来た友人は、格安スーパーのレジのおばさんが、飲み物を飲みながら、椅子に座ってレジを打っている姿にびっくりしていました。私には見慣れた光景です。立っていようと座っていようと、乾いた喉を潤おそうと、お客さんには直接的にサービスのパフォーマンスに悪影響はないわけで、働く方にとって少しでも心地よい労働環境であれば、座ってレジを打つことはいいことだと思います。さらにコロナ時代のスーパーでは、お客さんは店内でのマスク着用が義務付けられています。最近では、プラスチックの衝立(ついたて)で、レジに座るスーパースタッフとお客さんを隔てているのが標準化してきています。しかも、お店によっては、お客さんはマスク着用義務ですが、レジスタッフはマスクを着用していないことが多いです。確かにずっとマスクを着用するのは、働く環境として慣れないし、心地悪いのでしょう。私の通う八百屋さんでも、働いている方たちはマスクをせず、コーヒー飲みながらレジを売っています。
考え方としては、八百屋さんで働いている人を守るためにも、お客さんはマスクを着用しなければならないのです。もちろん、他のお客さん、さらには自分自身をコロナから守るためにお客さんはマスクをしなければならないのですが、逆もしかりとはなっていない。お客さんを守るために、八百屋さんのスタッフはマスクをしなくてもいいわけです。むしろ、心地よい労働環境が大事にされ、マスクの義務はお客さん側に課されているのです。
お客様第一主義の日本とは全く異なるこの発想は、ただただオモシロいなと思っています。その根底には、働く人には心地よく働く権利があるという考えがあるのだと思います。労働者の権利が強過ぎて、権利ばかり主張されてお客さんに質の良いサービスを提供できていないという弊害もありますが、直接的にお客さんに利害が被らないのであれば、働く人の環境をもっと心地よくしていくことも大切なことだとドイツで学びました。
文責 りんごの木管理人 ヒサコ
カテゴリー: お知らせ, ヒサコラム, ピックアップ | コメント

ドイツ・クリスマスの心温まるプロジェクトを紹介!

心温まる贈り物をみんなでシェア!ハッピーな気持ちもシェア!

プロジェクトに参加のボランティアたち、いろんな年代の方が関わっています

今年はコロナによるソフトロックダウンでイベントのキャンセルを反映して、例年よりもゆっくりできるという期待も虚しく、忙しく師走の日々が過ぎていきます。そんな2020年の冬、皆様はいかがお過ごし? 

今年も恒例のクッキーを焼いて、ホームレスの方達に配ろう!というボランティア行事へのお誘いがありました。通常はみんなで集まって、一緒にワイワイやりながらクッキーを焼くのですが、今年はコロナで集まれない。。。そこで、各自おうちでクッキーを焼いて一箇所に集めることになりました。30人ものボランティアが、自分の好きなクッキーを各自125枚焼いて一箇所に集められ、集められたクッキーは、350個の小袋に分けられました。

後ろにあるのが私が焼いた抹茶クッキー

私は、さりげなく日本を醸し出し、他との差別化を図ろうと、抹茶クッキーとボックスクッキーを作りました。しかし、緑色のクッキーなんかを見たことがないドイツ人たちは、抹茶クッキーを見て、これには何が入っているの?と質問攻めにあいました。その中でも、草の色をしているために、もしかして大麻クッキーなんじゃないの?と冗談を言う人までいて、私の作った抹茶クッキーはいい意味で笑いを提供することができました。

これらを通常では直接ホームレスの方等に手渡しするのですが、これもコロナで今年は断念。。。ドイツにはホームレス専用の宿泊施設が各都市何軒かあるので、ホームレスの宿泊施設を訪れてお渡しすることになりました。

ロックダウンが一時解除されるほど、ドイツではクリスマスは一年の中で一番大事な行事と考えられているので、国民みんなが少しでもハッピーにクリスマスを過ごせるようにと、このようなプロジェクトが毎年行われています。人のために何かをするということで、自分自身がハッピーになれるので、ぜひ、こういったプロジェクトでのハッピーな思いを皆さんと共有したいと思い、レポートしました! 

Frohe Weihnachten und einen guten Rutsch ins neue Jahr!!!

りんごの木レポーター WAKA

ドイツ人の旦那と、3人の子持ちママ。2011年からデュッセルドルフから北に車で25分の小さな町に暮らしています。ドイツ人の生活や暮らしのちょっとしたアイディアなど、身近な情報を中心にレポートします。

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ | コメント

C’s Hoppe 2020 クリスマスケーキの受付開始!

C’s Hoppe 2020クリスマスケーキの受付開始を致します。

ふわふわスポンジの中にクリームと苺がたっぷり入った定番のクリスマスケーキです。サンタクロースやクリスマスツリーなどアイシングクッキーを飾って可愛らしく仕上げました🎄

 

ご家族でゆっくりクリスマスをお過ごしください☺️ 

●ご予約お承り期限: 12/20(日)まで 

●サイズと金額: 15cm €45.00 18cm €55.00

●お受け取り期間: 12/13(日)〜12/25(金)

ご注文はInstagramのDMまたはホームページよりお願い致します🍀

http://cs-hoppe.com/ordercake/christmascake/

Instagram: cs_hoppe

※個数に限りがあるため、売り切れ次第終了となります。12/20(日)以前に予約締め切りになる可能性もありますので、その際はどうぞご了承くださいませ。

カテゴリー: お知らせ, ピックアップ | コメント

自宅でアドベントカレンダーを楽しもう!

例年はイベント目白押しでわくわくして過ごす11~12月のはずが、今年はコロナのせいでクリスマスマーケットもないし、冬休みの予定も立たず。楽しいことがないなー、と、しょんぼりしていたところに、ふと思い出したのが去年Instagramで見つけたとあるドイツ在住の方の「自分のためのアドベントカレンダーを買って12月を楽しむ」というプチイベント。

そうだ、それなら家族がそれぞれひとつずつ好きなアドベントカレンダーを買って毎日楽しんじゃえ!と思いたったのです。

夫に相談したところ、「いいんじゃない?でも、俺は何を買えばいいんだろ」と。。。確かに。何があるんだろう???アドベントカレンダーって、おもちゃ売り場でレゴやシュライヒのものを見かけるし、子どものためというイメージが強かったのですが、試しにインターネットで検索してみると、でるわでるわ、こんなにたくさんあるんですね!

アルコールでいうと、ビールにウィスキーにワインにスピリッツ、そのほかにナッツ24種なんていうのもあったり、ドイツを代表するブランドNIVEAのメンズシリーズも!!!おもしろいなと思ったのは、はちみつとコーヒー豆。毎朝カレンダーをあけて、日替わりのはちみつをトーストに塗り、コーヒーを淹れて、フレーバーのちがいを楽しむって、素敵な一日のはじまりですね。子どもたちはもちろん大喜びで、好きなものはないかとネットサーフィンを始めました。その横にはスーパーのアドベントカレンダーの広告(笑)。じっくりと見比べて厳選しております。

そして選んだのがこちら。

夫 アサヒや青島ビールまで入ったインターナショナルビールカレンダーなるものもある中、「やはりドイツビールだろう」と、ドイツビール24選の一品。こちらは、スーパーの広告に載っているものを見て買いに行き、えっちらおっちら担いで帰ってきました。我が家のアドベントカレンダー一番のり。

ちなみに、ワインがお好きな方にはワインのアドベントカレンダーもありました。

毎日違ったコーヒーを楽しめるアドベントカレンダーもあります!

ロクシタンなどのコスメブランドのアドベントカレンダーも出ています。

 

9歳息子(写真右) ひいきのサッカーチームのカレンダー。チョコだけのものもありましたが、こちらはファンポスターなるものが入っているちょいお高いセレクト。外からはどんなポスターなのかは全くわからない仕様。ポスター以外日替わりで出てくるのはチョコオンリー。

4歳娘(写真左) 12月1日にバービー人形を手に入れると、あとは毎日小物がそろっていく仕組み。何が入っているかは箱背面にすべて書いてありますが、4歳には毎日わくわくどきどきすること請け合い。懸念していた、一度本人に見せてしまったが最後、開けたい衝動に駆られてさっさと開けてしまうのではという問題は、さすが自称おねえさん、12月までがまんすることにしているらしく、毎日いとおしそうに箱を愛でておられます(笑)

母の私 一番時間をかけて悩みました。あまりにほしいものが多すぎて(笑)。何が出てくるか超楽しい化粧品のカレンダーは、でも実際には使わないものが多いのではないか?という福袋感が強かったため、手作り石鹸の作り方を習ったばかりだったので、石鹸にブレンドしようとこちらのprimaveraの精油セットに。箱背面には何が入っているかの詳細が書いてありますが、そこはあえて読まずにその時までのお楽しみにととっておきます。

最後に・・・

実は、我が家には日本にいた頃から毎年登場するアドベントカレンダーがいらっしゃいます。知り合いからいただいた、日本のデパートで売っていたというドイツ製のアドベントカレンダー。箱の後ろにあるねじを回すとオルゴールが鳴り、人形たちが踊り始めます。

息子が3歳のころから、毎年小さなお菓子をこっそり引き出しの中に入れては、毎朝息子が中のお菓子を取り出しては、毎日ちがう、サンタさんからの贈り物に大喜びでした。娘が生まれて子どもが二人になってからは、仲良くお菓子をわけることもできなくなり、いつの間にかクリスマスのオブジェとして登場するのみとなっていまいましたが、今年もリビングに飾られ、家族みんなのクリスマス気分を盛り上げてくれています。

みなさんも、今年ならではの、ドイツならではのクリスマスを、それぞれの家族の形で飾って、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね⭐️

文責 りんごの木リポーター まる子

追伸: 「adventskalender」+「好きなもの」で検索すると自分の興味に即したアドベントカレンダーがでてきます!とっても面白いので、ぜひ検索してみてくださいね。

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, ブログ, 家事全般 | コメント

みんなで作る手作りアドベントカレンダー!

 

ロックダウン生活、いかがお過ごしですか? ドイツ人のママ友から久しぶりに連絡をもらい、今私が参加しているおもしろアドベントカレンダー企画をご紹介します。皆さんの生活を彩るヒントになればと思います。

そもそも、アドベントカレンダーとは、クリスマスまでのカウントダウンを楽しむドイツの慣しです。寒くて暗いドイツの冬を乗り切るための知恵かもしれません。12月1日から24日まで小さな小袋を開けて、そのプレゼントを楽しみながら、クリスマスを心待ちにします。

では、今回のおもしろ企画は、こんなママ友からのメッセージから始まりました。

『最近会ってないけどどうしてる?実はこの前、妹と電話してて面白いアイデアが浮かんだの。一緒に参加しない?』から始まり、まとめると以下のような内容。

24人の友達を集めてみんなでアドベントカレンダーを作ろうという企画なのです。友達が友達を紹介しあって、24人集まったらグループができあがり、企画成立!オーガナイザーの彼女が、みんなに番号を配るので、期日までに、自分がもらった番号を記入した袋(中身はすべて同一)を 24個作って、オーガナイザーの家に持っていきます。

中身はなんでも好きなものを入れてオッケー。作っても、買っても、焼いても、小さいものならお任せとのこと。オーガナイザーのママ友姉妹が、全員の袋を集めて、番号ごと仕分け作業して、24個のアドベントカレンダーを作り、それを配るという内容です。なかなか温かみのある面白いアイデアだと思い、私も参加することにした次第です。中身を何にしようか考えた結果、あえて日本的なものを入れることにしました。鶴を24枚折って、おせんべいと、キットカットの抹茶味、ティーパックを入れました(ティーバックはハングル文字ですが)。他の人は何を入れているのか気になりますが、そればかりは手にしてみないとわからないので、あとでのお楽しみ。。。

私の与えられた7番の袋が、24個完成しました!

ってなわけで、コツコツと家で24袋を準備して、オーガナイザーの友達に持って行きました。私たちママ達は、子供や家族のためにカレンダーを買ったり作ったりしますが、自分のためにってやったことがなかったので、12月がちょっと楽しみです。こうやって、ドイツ人のママ友たちはコロナのロックダウンをなんとか楽しんでいる模様です。旅行に行けそうにない冬休みですが、クリスマスをシーズンを自分たちのアイデアで楽しくしていきましょう!

文責りんごの木レポーター WAKA

ドイツ人の旦那と、3人の子持ちママ。2011年からデュッセルドルフから北に車で25分の小さな町に暮らしています。ドイツ人の生活や暮らしのちょっとしたアイディアなど、身近な情報を中心にレポートします。

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, 遊び/おでかけ | コメント

**シュークリーム限定販売を開始します**Cś Hoppe

お家で過ごす時間のためにと、シュークリームのお問い合わせがとても多いため、Cś Hoppeでは毎週木曜のみ限定で、シュークリームを販売を開始致します。

ご注文はホームページ、インスタのDMまたはメールにてお願い致します🌱💖

http://cs-hoppe.com/creampuff/

*カスタード、抹茶 各€4.00  (6個からご注文可能です)

*毎週水曜日午前中ご注文締め切り。木曜日にOststraße, Heinrich, Nordstraßedでのお引き渡しとなります。まずは、インスタからメッセージ頂くかHPよりオーダーをお願いします。HPのお問い合わせページはこちら→ http://cs-hoppe.com/contact/

 

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, カフェ&レストラン, ドイツの暮らし, ピックアップ | コメント