大好評!ピンクのお城ベンラート城での撮影会8/9

大好評!ピンクのお城ベンラート城での撮影会、今年も開催します♪

【お申し込み先着順】
7/11(土) 9時頃~
※お1家族1枠のご予約となります。

開催日
2020年8月9日(日)

撮影時間
約30分
お城の周りで、色んなショットを撮影します。※お城を入れての撮影がメインになりますが、当日の混雑状況により撮影バリエーションが変わる可能性があります。ご了承下さい。

お渡しするもの
・撮影データ40枚程度 ※ダウンロード用リンクを後日お送りします
・10×15cmサイズプリント2枚 ※送料手数料込み
+インスタで@mari.kusakari.famfotoをフォロー&タグ付けしてフィードに写真を投稿していただければもう1枚プレゼント✨
(ドイツ国内のご自宅にお送りします。 データお渡し後、1週間以内にお選びください。)

金額
95EURO(送料込み)
※お申し込み後、お振込み先をお送りします。お申し込みフォームで仮予約完了後、お振込みを確認できました時点でご予約完了となります。

場所
Schloss Benrath ベンラート城
※お外での撮影です。

申込はこちらから→ https://www.mari-kusakari.com/mevents/benrath-familyphoto2020/

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

交通機関の夏休み限定!特別サービス!

Ticket1000、Ticket2000などの年間定期券所持者限定、夏休み期間中の特別サービス!ご購入の利用区域に関係なく。。。

平日はVRR区域内の近郊列車が乗り放題!

土日はなんとNRW州の近郊列車が乗り放題!

定期1つにつき、なんと大人2人・子供3人まで同乗OK!

詳細はこちらです↓

https://www.rheinbahn.de/tickets/vielfahrer/Seiten/Sommerferien.aspx

興味ある方はぜひ!ドイツらしくない、太っ腹サービスを満喫してみてはいかがでしょうか?マスク着用ではありますが。。。

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

オンライン育児相談会

『皆さま、こんにちわ。
ミュンヘン在住、保育士、療育士、早期育児カウンセラーの愛です。
この度、ご依頼の多かったオンライン育児相談会をお子さんの年齢別に開催しようと思います。
👶第一回 (3歳まで=2歳11ヶ月まで)
日時 7月11日 19時から20時半まで
料金 10ユーロ
定員 5名
お子さんの対象年齢 1歳半から3歳まで(3歳のお誕生日を迎える前までのお子さん)
👧🧒第二回 (3歳から6歳まで)
日時 7月18日 19時から20時半まで
料金 10ユーロ
定員 5名
お子さんの対象年齢 3歳から6歳まで
このオンライン育児相談会では、Microsoft Teamsというアプリを使用する予定でいます。
それはなんでしょうか?と、全然わからない方!喜んでお手伝いさせていただくので、お気軽にお問い合わせください。
詳しい自己紹介、そしてその他セミナーなどのお知らせは、こちらのホームページをご覧ください。
皆さんからのお問い合わせ、楽しみにしています☺️
カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

ひさコラムー自立を促す家庭児童労働のススメー

補助具としての椅子

アリエスが『子どもの誕生』という本の中で明らかにしたように、19世紀の近代化途上の社会では、子どもは小さな大人という存在から守られるべき存在へと子どもの存在認識が変化していきました。そんな時代の流れに逆らい、我が家では未だに子どもを「小さな大人」として扱っています。

根拠はありません。それは単に、子どもは大人が思っている以上に色んなことを理解しているという直感的な私の認識によるものです。うちの子が2歳後半の時に「3歳になるとお店がオムツを売ってくれなくなるから、それまでにトイレトレーニングを終えよう」と毎日カレンダーを見せながら、3歳の誕生日までのカウントダウンを一緒にしました。これは第一子で実験的に行いましたが、実際に3歳になると同時に夜もパンツにして、オムツ無し生活を急に始めましたが、10年以上も経った今も彼は人生で「オモラシ」をしたことがありません。第二子でもほぼほぼ成功しています。

そう、子どもは大人が思っている以上にいろんなことを理解しており、ある意味で小さな大人なのです。それを前提とした我が家での自立促進メソッドを具体的に説明します。我が家では子どもは親の付属物的には扱いません。その代わり、共同生活をする一人のメンバーとして、家事の一旦を担う一員として考えています。そのため、年齢に応じて自立してもらう必要があります。
彼が2歳後半から3歳になる時、私は第二子を妊娠中だったので、とにかく上の子の育児の手抜きをツワリでゲロゲロしながら考えました。私の悩みは早朝にお腹が空いたと言って子どもに起こされること。当時は朝からイラッとしていました。その結果、一つの方法を試みました。
これは子どもの成長に合わせて、子どもが自分で使う物を自分で取り出せるエリアを設けるというものです。
こどもがよく使う食器をまとめて低い位置におく

こどもがよく使う食器をまとめて低い位置に

子どもが自分で物を見ることができ、取れる高さであることがポイントです。
我が家の場合はキッチン。子どもが自分で取れる引き出しを見つけ、そこに子どもがよく使う物、お友達が来たときに使う物、お手伝いの時に出せる物等を厳選して、配置します(割れてもイラッとしないレベルの食器を置くこと!)。
するとどうでしょう!
3歳児も朝、自分一人でお皿を取り出し、豆乳を冷蔵庫から出してミュズリーを食べているではないですか!
夕飯時も、進んでお手伝いしてくれるようになりました。家族分の水飲みグラスや取り皿、お箸などをテーブルに置いてくれるようになりました。
そう、子どもを家庭内の労働力として活用すれば、一石二鳥なのです!

子の手が届くわかりやすい位置にスプーン等を配置

子どもの自立を促し、自分で出来るという小さな積み重ねから自信につながり、自尊心を育むことができます。それと同時に、お手伝いをしてくれると、こちらも叱るより褒めることが多くなり、ポジティブな言霊が子どもに対して出てきますから、なんとなく朗らか&健やかになります。

この際、大人のコダワリは二の次にすることもポイントです。 インテリアや見た目のキレイさ、大人の使いやすさという視点は一旦隅においてみましょう。
子どもが大きくなってきた我が家では、この子どもを我が家の重要な労働力として活用した自立作戦は、キッチンだけではなく、リビングに置いたランドセル&教材置き場&子ども部屋のクローゼットでも活用しています。最近は子供用イスを台所の隅においています。そうすることで、野菜を切ったり、高いところの物を取ったり、子どもの労働範囲を広げることができます。いちいち子供に「ママー」と呼ばれることから少しでも開放されたい方にオススメです。
それぞれ、自分の子どもの成長に合わせて、ぜひ子育てな日常に取り入れてみてください。
文責 りんごの木管理人 ヒサコ
カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

オンラインのバレエ&バレエフィットネスクラス

シェイプアップクラス  

お腹周りやお尻のたるみが気になる方、その他身体の緩みが気になる方、30分だけの集中コースで綺麗でしなやかな筋肉、そして、くびれたウエストと張りのある美尻を目指しましょう! 

日時 : 火曜日10:00~10:30   1回 €10                                                               

バレエフィットネス&ストレッチ

ハードな動きは苦手だけど身体を動かしたい人にお勧めです。日頃の運動不足を解消して痩せやすく健康な身体作ります。

日時 : 金曜日10:00~10:45 1回 €13      

バレエクラス(バー&ストレッチ)

元ダンサーがきっちりとしたバーレッスンを教えます。もっと上手になりたい方もバレエを始めてみたい方も歓迎です。

日時 : 木曜日10:00~11:00 1回 €15                               

(個人レッスン €45, 日時は要相談) 

~全てZoomでのレッスンになります~(3名以上で日時変更可)

Sachika Abe

舞台で踊る姿(右から3番目)藤原めい子バレエ教室でバレエを始め、高校卒業後ロンドンへ留学。卒業公演では主役を踊りその後プロになる。日本では熊川哲也率いるK-Balletに所属し、ドイツではマインツ劇場とデュッセルドル劇場でソリストして様々な作品を踊る。

お問い合わせ~お気軽にお問い合わせ下さい~

0176-6427-2058 / LINE ID sachika-m

sachika@abe-sports.de

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, 習い事 | コメント

クールキッズ プレスクール 夏プログラム2020

夏プログラム2020
期間 720日から87日まで
時間 ①13時から15時まで、②1515分から1715分まで (1コマ 2時間)
対象 幼児部(3歳から6歳まで)、小学部(1年から6年まで)
費用 1コマ 30ユーロ (1コマ 2時間)
担当 佐藤真由美、渡辺羅須、馬場睦
内容 各担当者により異なります。(詳細は別途お伝えいたします。)
締め切り 7月上旬には開講日を確定いたします。
場所 クールキッズ オーバーカッセル 
           Wildenbruchstr. 107a,
           Ecke Steffenstraße
           40545 Düsseldorf
           Telefon: 0211-17 18 05 48
幼児部
      1、担当 佐藤 真由美 
      幼児教育クラス(図形・記号・概念)、日本語(バイリンガル)、夏の工作・絵画、書道、運動
    2、担当 渡辺 羅須
      カカポクラス 、個別レッスン(算数、理科)
    3、担当 馬場 睦
      音楽クラス(リトミック、ピアノ、楽器、歌)、個別レッスン
小学部 
            1、担当 佐藤 真由美 
     基礎学習クラス(復習・予習)
     公立レベル1年~6年生(教科書ワーク、作文)、私立受験1年~3年(はなまるリトル)
     日本語(バイリンガル)
    2、担当 渡辺 羅須 
     カカポクラス、個別レッスン(算数、理科)
    3、担当 馬場 睦
     音楽クラス(リトミック、楽典・ソルフェージュ、ピアノ、楽器)、個別レッスン
[ カカポクラス担当 : 渡辺羅須 

[ 720日~731 ]

・月曜 : 図形(平面)レッスン

三角形、四角形、六角形などの図形を作ったり、書いたりして、図形の特徴を捉える授業。安定した形は?最小部材で最大の大きさになるものは?強いと安定は違う?他の形と相性のいい形は?などを考える。
・火曜 : 図形(立体)レッスン
様々な材料を使って立体を作り、その特徴を発見する授業。最小部材で最大の空間を作る方法は?作りやすい空間とは?家はどんな形で作られている?展開図の作り方とは?
・水曜 : 理系レッスン
数字の歴史や、数の考え方、数字で見えてくる世界など、数字にまつわる授業を行う。計算  する為だけではない数の魅力を考えてみる。無量大数や無限って何?宇宙は数字で作られている?昔の計算の機械を実際に作ってみる。
・木曜 : デザインレッスン(デッサン、工作、色)
 絵を描き、何かを設計し、実際に作るなど、実際にデザインを学ぶ授業。デッサンなどの絵を描く能力の向上だけでなく、物を設計し、作るというプロセスを学ぶ。
・金曜 : 実験クラス
ペットボトルロケットを使って、どうすればより高く、遠くに飛ぶかを実験しながら考える授業。基本的にはライン川で行い、最終的には自分で作ったロケットを飛ばしてみる。
・ディスカッションクラス : 日程応相談
渡辺羅須と本気で対談 !? 疑問に思っている事や、将来の事、自分の事などを話してみて、一緒に考え、対談を行う。映画、アート、地球温暖化など疑問に思っている事を述べ、またそれに対する他の人の考えを聞き、考えを深めていく授業。

[ 83日~87 ]

建築レッスンweek ~ 街を作ろう ~
街の魅力を考え、実際に自分で作る授業。気づき、考え、想像し、実際に作る過程を全て行い、デザイン能力だけでなく、他の人とのコミュニケーション能力の向上や、空間把握を身につける。5日同じテーマで行うが、途中参加も可能。
83 街を観察してみよう(ウォークラリー)
街の中には何があるかをみんなで歩いて観察する。どんな道路がある?橋はどうやってできてる?植物はどんなところにある?どんな建物がある?を考えながら歩く授業。
84 未来の街を想像しよう
未来にはどんな街になっているか、どんな街に住んでみたいかを想像し、みんなで話し合う。また実際に建築家の人がどんな未来を想像したのかを見てみよう。
85 空間を作ってみよう
カカポを使って実際に自分たちが考えた街を作る。街のデザインを考える。
86 色んな材料を使ってみよう
ダンボールやタオル、ペットボトルなど様々な材料を使って、街をより細かく作る。カカポだけではない、身の回りをよく見て様々な物を利用する。
87 発表しよう
実際に作ったものを大人を呼んで見てもらう。自分のお気に入りの場所やこだわったところを伝える。

【お問い合わせ】

ck.online.office@gmail.com

01590-6311124 (SATO)
カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

ヒサコラム 日独比較文化論ー入院ルポ編

ちょっとした不調で内科にいくと、救急で大病院に送られ、心の準備もないまま翌週に手術になりました。16年ほど前に日本で受けた手術と同じ手術をドイツでも経験する運びとなりました。日本の事情しか知らなかった私は、ドイツの事情を知る良い機会を得たので、ちょっとした患者視点での病院潜入ルポをびっくりした3点について報告したいと思います。
まず1点目は、下腹部の手術ということで、手術前には衛生面の観点からなされる剃毛についてです。日本での手術の際は、手術当日の朝、看護師さんが病室にやってきて、看護師さんの手によって毛を剃られました。剃毛中のぎこちない雰囲気といったら!たわいもない話をしながら、申し訳なさそうに業務をこなす若い看護師さんに、なぜか申し訳ない気持ちを頂いたのを覚えています。
一方ドイツではベッドごと手術の待合部屋へ移動後、麻酔科医とたわいもない会話をしている最中に、麻酔を打たれ(前日に麻酔科医とアポがあり事前に説明を受けています)、気付くと手術が終わっていたというびっくりさ!つまり、その無意識の間に剃毛も終わっていたわけです。
麻酔が効いて無意識な時に剃毛されるドイツと意識のある時に剃毛され、辱(はずかし)められる日本。これはドイツの方が勝ちだと思いました。なぜなら、患者が無駄な精神的ストレスを感じる必要がないからです。それでなくとも手術を受けるというストレス下にあるにもかかわらず、追い討ちをかけるように雪辱的な気分までをも味わせる必要はないと感じました。
そして2点目は、術後の投薬についてです。
術後、日本では抗生物質が処方され、飲み切りるよう指示されました。私の知識からすると、傷口の感染を回避するため、至極当たり前のこととして受け止めていました。
しかしドイツでは、意識が戻ると痛み止めのイブプロフェン600mgを退院まで出されますが、それ以外の薬は出されませんでした。傷口の感染が心配でビクビクしましたが、傷口は溶ける糸とともにきれいになりつつあります。ドイツはかなり抗生物質に対して敏感で、滅多なことがない限り抗生物質は処方されない事は日頃から感じていましたが、術後すらも処方されないことに驚きました。
もし感染したらというリスク回避志向の強い日本と極力抗生物質を使わないドイツの違いを確信しました。少しずつ日本も抗生物質を出さない傾向にあるとは思いますが、まだまだ意識の差は歴然です。
3点目は病院食について。無形の世界遺産に指定されている日本人の食文化と夜も火を通したものを害して口にしないドイツでは、病院食にも歴然とした違いがありました。これは完全に日本に分配が上がります。ドイツははっきりいって、罰ゲームかと思うような献立です。
日本では、全身麻酔後すぐは消化器系にも負担がないようお粥から始まったのを覚えています。そして数日かけて普通食に戻されました。温かいご飯に煮物や汁物。。。日本では味が薄いとか病院食を揶揄する傾向にありますが、今思えばかなりのご馳走です。
一方ドイツは、術後の消化器系への負担などを一切無視した献立。パンとスライスチーズとハム。おまけの味付きヨーグルトです。しかも、手術をした日の初の食事となる夜ご飯です。その夜は麻酔も切れ、術後の痛みと戦ったのですが、その痛みの根元はどうも消化器系にある感じがしました。翌日の回診でも、消化器系が痛いと訴えたほどです。翌日の朝も夜も、ハムがサラミになったり、ハムがサラミになったりするくらいで変わり映えのしないKaltes Essen(火を通さない食事)は機械的に出されるのでした。
たまたま、コロナ禍での入院となり、家族すらお見舞い禁止というルールが設けられていました。痛みのある術後の数日間は、お見舞い客のない静かな時間を過ごすのも悪くないと思いました。とてもよく寝れるため、快復を助長してくれていると感じました。日本では10日間の入院でしたが、ドイツではそんな食事にもかかわらず快復は順調で、4日目に退院となりました。病気をしないことが一番ですが、こんな日独の違いを楽しめたのは人生のネタを増やすいい機会となりました。
文責 りんごの木管理人ヒサコ
カテゴリー: お知らせ, ヒサコラム, ピックアップ | 1件のコメント

新しい出産レポが届きました!難産でも自然分娩での出産を実現!

ポトフさんの出産レポ

出産年月日:2019年6月

分娩方法:吸引分娩

出産した病院名: Helios Klinikum Krefeld

 

なぜこの病院を選んだのか?

1人目の出産もこちらでお世話になり、小児科もとてもしっかりしていたので。もしなにかあったときでもお医者さんを信頼できると思った。

出産までの経過

予定日3日前に産婦人科の健診に行った際、私の血圧が急に上がっていたのと、赤ちゃんの心拍が少し緩やかだということで、即出産するために病院に行くよう指示され、病院へ。

陣痛促進のためのホメオパシーの薬を飲みながら、3日ほど入院して様子をみていたが、陣痛がこなかったため、子宮口を広げる処置を行った。その日の夜弱い陣痛が始まったが、そのまま進まなかったため、次の日の朝、人口破水を行う。しばらくしてから強い陣痛が始まった。

なぜか最初から3分おきの陣痛で、その合間を縫って分娩室に歩いて移動。

数時間、かなりの痛みに耐えた後、無痛分娩を勧められる。麻酔を打たれ、数分後から楽になった。

仮眠をとった後、動くと貧血になり、フラフラしていたところに、N医師に赤ちゃんの心拍が早すぎるので帝王切開の可能性を告げられたが、もう一人のS医師には自然分娩できるはずと言われる。私が自然分娩を希望していたため(1人目は帝王切開で出産)、S医師は自然分娩実現にむけ、かなり試行錯誤し頑張ってくださった模様。私も赤ちゃんもこのまま出産まで耐えられるのか、二人とも数回にわたり血液検査をされた。(赤ちゃんの採血は、赤ちゃんの頭に直接針を刺すというもの!)

両手に2本ずつ点滴をされながら、赤ちゃんが降りてくるよう、体勢を変えたり試行錯誤している間にやっと子宮口が10センチ開き、30分おきに投与していた無痛分娩の薬をストップ。いよいよ出産となった。陣痛の波に合わせていきみ、太った看護婦さんにお腹の上の方をぐーっと押され、下からお医者さんが二人がかりで赤ちゃんの頭を吸引し、それを何回か繰り返した挙句、やっと出てきてくれた。病院の先生がおっしゃるには、稀に見る難産だったそうだが、私の希望が叶うように最善を尽くしてくれたS医師には本当に感謝している。

これからドイツで出産する人へのアドバイス

出産は大変でしたが、お医者さんと看護婦さんはみんなとても協力的で、安心できました。自分の意思は伝えておくことが大事だと思います。

出産後、生まれた息子に黄疸が出て、結局全部で2週間病院暮らしでしたが、食事以外はとても良かったです。

日本は1人目が帝王切開だと2人目も帝王切開が主流だそうですが、ドイツはそうでもないようです。重複しますが、ドイツでは希望ははっきり伝えた方が良いです。そうすることで、出産の満足度が変わってきます。

カテゴリー: その他の病院, ピックアップ, 出産レポ | コメント

「読み聞かせ会」がオンライン読み聞かせ動画をUP!

こんにちは。日本クラブ読み聞かせ会です。

私たちはこのたびFacebookを始めました。

アドレスはこちら↓

https://www.facebook.com/yomikikase.du/

ただいま、以下を配信中です。

<読み聞かせ動画>

『こんとあき』『はだかんぼうはつれていかないよ』

(次回UP予定) 『せんたくかあちゃん』

<おはなし動画>

『星の銀貨』グリム童話

『デンデンムシノカナシミ』『二ひきの蛙』新美南吉

*物語の朗読にメンバー制作のオブジェや

アニメーションを合わせた、オリジナル動画です。

コロナウィルスの影響で増えた親子の「おうち時間」の彩りになれば幸いです。

ほかにも絵本にまつわる楽しいコンテンツを随時、掲載していく予定です。

ぜひアクセスしてみてくださいね。

 

*公文オーバーカッセル教室での読み聞かせ会は

(毎月第3火曜日14:20~15:00)お休み中です。

今後の予定はFacebookでチェックをお願いします!    

*メンバー募集中。ご興味のある方はこちらまで ↓

yomikikase.du+daihyo@googlemail.com

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, ピックアップ | コメント

ハーブSalbeiを丸ごと食べちゃうレシピ

初夏はマルクトでもスーパーでも、いろんな種類のハーブが売っています。今回はその中でもSalbeiザルバイ)をご紹介!Salbei(ザルバイ)は、抗炎症作用があり、特に呼吸器系の疾患への効能があります。ドラッグストアには風邪に効くハーブティーコーナーに、必ずSalbeitee(ザルバイテー)が置いてあるほど。喉飴コーナーも必ずあります。中世ヨーロッパでは僧侶が健康維持のためにSalbeiteeを飲んでいたという話もあるほど、とにかく効能高い薬草としてドイツで知られています。日本ではセージと呼ばれるよく名の知れたハーブです。

そんなSalbeiですが、私はそのまま料理に使っています。とくに、お魚やお肉を焼くときに一緒に焼きます。ザルバイの葉っぱがパリパリになると、香ばしいために子供たちもこぞって付け合わせとして食します。

そこで、ザルバイを使った超簡単な低温調理をご紹介します。

まずは、買ってきたお肉を常温にし、肉たたきでぶっ叩きます。
そして、お気に入りの塩を数種類(海の塩や火山灰の塩、岩塩の塩など)ふりかけ、コショウもガリガリとふりかけます。

スライスしたニンニクとSalbeiを多めに熱したオリーブオイルに入れ、カリカリになってきたら一旦出します。
そのオイルにお肉(魚でもいい)を入れて焦げ目がつくまで両面焼きます。

そのあとに、耐熱容器に焼いた肉とその上にザルバイを乗せて90度に熱したオーブンで2時間ほど焼きます。焼いている間に他の料理を用意しておけるので、超楽ちんです。

私はお肉をやいた油を使って、砂糖、酒、醤油、すりおろし玉ねぎ、片栗粉で和風ソースを作ります。これはご飯3杯いけます!手抜き料理の紹介でした。(リンゴの木管理人ヒサコ)

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ | 3 コメント