☆素敵なお花屋さんYamamotoとPetite.Bの夢のコラボマルシェ☆

 

 ハンドメイド作家Petite.Bが大好きなお花屋さん、Yamamoto Floral lifestyleにて夢のコラボマルシェを開くことになりました!

こだわりある素敵なお花を始め、チェコグラス、北欧雑貨。そして、一点物のPetite.Bのジュエリー達☆イヤリングや14Kgfピアス、バングルや髪留めも沢山。フローラルなアンビエントでのマルシェです☆

気になっていたけど入れなかった皆様、この機会に可愛いお花屋さんに足を運んでみませんか?皆様のお越しを心よりお待ちしております! 

7月7日・8日

10時〜15時

Gehrsstr.16, 40235 Düsseldorf

 

 

www.atelier-petiteb.com  &  www.facebook.com/yafl04/

 

カテゴリー: イベント情報 | コメント

森の幼稚園フェス 7/7

WALDFESTのお知らせ

以前、りんごの木でも紹介しましたデュッセルドルフにあります森の幼稚園が、20周年を迎えます。今年は誰でも参加できるイベントをされるので、ぜひこれを機に森の幼稚園を体験してみてはいかがですか?Brennnesselsuppeをはじめとする森のビュッフェやコンサートまで盛りだくさんのプログラムになっています。どの年齢層の子どもも楽しめる内容です。

以前紹介した記事「ヒサコラム森の幼稚園を訪ねる

WALDFEST

2018. 7.7.

14:00 – 17:30

Wilhelm-Unger-Straße 5 (Rather Waldstadionの裏)

プログラム 

14:00 ごあいさつの歌🎵

15:00 森の幼稚園見学

16:00 メルヘンの語り

16:45 野生の鳥を見る

17:15 コンサート🎵

 

 

カテゴリー: イベント情報 | コメント

フリマのお知らせ 6/30

日時:2018年6月30日(土)
9:30~15:00
場所:C’ena(wayo隣)
大型品(ベビー用品、家電等)本、

おもちゃ、子供や大人衣類、ブランド食器など多数有!

小銭、袋をご用意下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリー: イベント情報 | コメント

ドイツの住宅事情〜賃貸契約で気をつけるべき3つのこと

前回は家探しの注意点(http://apfelbaum.jp/20180317)をお聞きしました。ドイツで家を探す場合の手数料のかかり方など、目からウロコでした。今回は、賃貸契約時の注意点について、弁護士のヨウデさんにお伺いします! ドイツで家を借りる際は、どんな点に注意したらいいでしょうか?

弁護士ヨウデさん:

大事なのは賃貸契約の中で、具体的に何を借りるのかを明確に把握することです。たとえば、ケラー(地下室)や駐車場は、その賃借料の中に含まれているのか、洗濯室や自転車置き場、お庭を使うことができるのか、キッチンはどうなのか、他の家具や電化製品なども同様です。

管理人ヒサコ: え!キッチンや備え付けの家具は自動的に賃借料に含まれないんですか?

弁護士ヨウデさん:

自動的には含まれません。きちんとオーナーと「キッチンや備え付けの家具が、誰のものなのか」について確認する必要があります。よくあるのが、キッチンや家具が前に家を借りていた人のもので、次の借主に売ったり、無償で置いていくというものです。次の借主であるあなたが買ったり貰ったものは、オーナーは修理や買い替えの義務は発生しないのです。

管理人ヒサコ: ということは、それら前任から受け継いだキッチンや家具については、賃料の一部として支払う必要はないってことですね?

弁護士ヨウデさん:

そういうことです。賃料はあくまでも家具などのない状態に対する賃料になります。もちろん、賃貸契約書の中で、ケラー(地下室)や洗濯室の利用について書かれていれば、賃料に含まれています。

管理人ヒサコ: デュッセルドルフや大きな他の町では、賃料が最近は高騰しています。自分の賃料が妥当なのかどうか、何か知るすべはありますか?

弁護士ヨウデさん:

それに関しては、「Mietspiegel(標準賃借料表)」で、地域ごとに確認することができます。例えば、デュッセルドルフ、メアブッシュ、ノイスに関して言うと、初期賃借時賃料はMietspiegelに従った純粋家賃額に、最高10%までの付加価値をつけられます。但しこの付加価値はあくまでも「純粋家賃」に対してですので、家具等の付属品賃料は付加価値計算時に省かなければいけません。家具付物件にお住まいの方は要注意事項です。更に複雑なのは、同じ都市でも内装指標が異なる、例えば床が木製の床ではなく大理石の場合に、床1平米辺りの基準値が木製の場合と異なる場合もありますから、お隣さんと内装によって1平米の計算基準が異なるということが生じます。この特別付加価値は、都市によって適用範囲が違います。ですから、いずれも家賃が正しく計算されているのかということを確認することをお勧めします。。

管理人ヒサコ: もし、自分の借りたい物件のオーナーが高すぎる賃料を設定してくる場合はどうしたらいいでしょうか?

弁護士ヨウデさん:

オーナーに対して、賃料が高すぎる旨を伝え、この地域での妥当な賃料へ引き下げてもらうよう促すべきです。また、法外な値段であれば、支払ってしまった後でも、返金を要求することができます。

管理人ヒサコ: それは知っておくと得な情報ですね。ところで借主としての自分の権利や義務はどんな感じでしょうか?

弁護士ヨウデさん:

ドイツでは家の借主が多くの権利をもっており、法で守られています。それは、法規に定められ、法で明記されない実用的詳細は賃借契約書に記載されるべき事です。それ故に家のオーナーが何かを要求してきた時には、賃貸契約書を今一度確認することをお勧めします。一方で、借主の重要な義務は、マンションのHausordnung(居住規則)の遵守です。例えば、Ruhezeit(静かにしないといけない時間帯)がいつなのか、どの時間帯に洗濯室を利用していいのか、共有の踊り場や階段の清掃は誰がやるのかなどが規定されています。

管理人ヒサコ: ありがとうございました。ドイツで賃貸契約をする際は、特に以下3つの点に注意することをしっかり学ばせていただきました。

  1. 賃料に何が含まれているのかをきちんと確認すること。特にキッチン!日本では日本では家を借りる際に、キッチンは家賃の一部に含まれているというのが常識なので、キッチンを家具として家賃とは切り離して考えないといけないのですね。
  2.  標準賃借料表で家賃が妥当なのかを確認すること。都市では家賃高騰が叫ばれていますが、それに甘んじず、きちんと調べるべきですね。
  3. 居住規則(Hausordnung)の確認と遵守。快適に生活する上で、共同住宅の場合は特に共有部分の使い方や、洗濯機や食洗機を使用してもいい時間帯等、ルールを守って快適に生活したいですね。

ありがとうございました。

カテゴリー: ピックアップ, ブログ | コメント

ヒサコラム 冬生まれの子ども〜入学の年が選べる?!

ドイツでは基本的には生まれた年で小学校入学が決まります。つまり同じ年に生まれた1月生まれ〜12月生まれの子どもが基本的には同時に1年生になります。日本では、4月生まれ〜翌年の3月生まれが同じ学年として入学するので、それとは少しズレています。
ただ、その中にも例外が存在しています。 Winterkindと呼ばれる10・ 11・12月の冬生まれの子どもは、自分と同じ年に生まれの子たちとともに小学校に入学してもいいし、あるいは一年遅らせて、次の年に生まれた子どもたちと一緒に入学することもできます。そう、このWinterkindは、小学校入学の年を選択することができるのです。前者をKann-Kind、後者をMuss-Kindと呼びます。
基本的には子どもの身体的・知的好奇心等の発育に合わせて入学を決めます。なるべく子どもは自由に遊ばせ、学校教育は少しでも遅いほうがいいと考える親が多いドイツでは、一年遅らせて小学校に入学させることが多いです。
我が家の子どもも12月生まれなのですが、Muss-Kindで入学させました。理由は身体的に小さいことと、当時はドイツ語が第二言語であったことです。学校生活の中で自尊心を育むにあたり、少しでも有利な状態を子ども提供したかったという親心が根底にあったのも事実です。
来年小学校を卒業しますが、Muss-Kindで入学させてよかったと総合的には思っています。6歳くらいの1年の年齢の差は非常に大きく、いろんな事が他の子よりも出来るという成功体験が、自信につながっていると親からみて思うからです。学校では、ちょっと威張りすぎじゃないかと不安な面もありますが、本人は学校生活を満喫しまくっています。
ただ、Muss-Kindのマイナス点は、サッカーチームなどのスポーツチームに属した時にあらわれます。同じ学年のお友達は、ひとつ下の年齢のチームに所属しているため、サッカーチームでは、ひとつ上の学年の子達が大半を占めるチームに属さねばならないのです。学校では威張っている我が子も、そこでは学年が上のお兄ちゃんの中に紛れるので、少しおとなしくなるのが見て取れます。
ともあれ、冬生まれのWinterkindは成長に合わせて入学の年を選べるため、これは子どもにとってとてもよいなぁというのが私の印象です。日本でいう「早生まれの子」たちに、このような選択肢があると、「早生まれだから」という引け目も解消されていいのでは?と思います。
文責 りんごの木管理人ヒサコ
カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

6/24 Tonhalleこどもイベント

 

デュッセルドルフのコンサートホールTonhalleでは、さまざまな子どものためのコンサートや音楽に触れるイベントが行われています。

こどもの年齢にあったコンサートも用意されています。ドイツは小さい頃から音楽に親しむ環境が整っています。ぜひとも、言葉の壁とは無関係に楽しめる音楽イベントをお子さんと楽しんでみてはいかがでしょうか?

近いイベントとしては6月24日(日曜日)のFamilienmusikfestです。午前中のコンサートは有料(こども5ユーロ、おとな10ユーロ)ですが、午後は無料で、さまざまなイベントがあります。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

プログラムはこちら https://www.tonhalle.de/reihen/festival/familienmusikfest-2018/

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

『学習とこころの相談室』開設のご案内

 「漢字が覚えられない」「計算が苦手」「極端に不器用」

「片付けられない」「言われたことを忘れやすい」

「幼稚園や学校に行きづらい」「友だちとうまく関われない」

「不安や緊張が強い」「イライラしがち、暴言や暴力が出やすい」など

t02200220_0473047310550845791お子さんの学習や生活、子育てのことで、日ごろお困りのこと、気がかりなことはありませんか。このたび、公文式オーバーカッセル教室・メアブッシュ教室では、日本人臨床心理士と連携携し、『学習とこころの相談室』を開設します。

お子さんの様子をお伺いし、改善の方法を一緒に考えていきます。必要な場合、お子さんの発達の特徴を調べる心理検査(WISC-IVなど)を実施して、得意な面、不得意な面を知り、今後の学習の仕方や問題の改善に生かしていくこともできます。なお、心理検査の結果で医学的な診断をすることはできません。

対象:子育て中のお母さん、お父さん、0~18歳までのお子さん自身

言語:日本語

場所:公文式メアブッシュ教室 Dorfstr.26, 40667 Meerbusch

日時:不定期に実施のため、直接以下にお問い合わせください。

相談料:15ユーロ(1回50分)

心理検査(実施の場合のみ):30ユーロ(所要90~120分+結果のフィードバック)

相談担当&検査実施: 日本人臨床心理士

申し込み、お問い合わせ:kodomo.dus@gmail.com

この相談室は、公文式教室に開設されていますが、公文式学習とは関係ありません。

公文式教室の生徒以外でも、相談(日本語)を希望する方は誰でも利用できます。

カテゴリー: イベント情報 | コメント

《フラウバド》新規メンバー募集!

デュッセルドルフで日本人女性を中心とした
バドミントンサークル《フラウバド》です!

毎週水曜日10:00~オーバーカッセルにて
初心者から上級者まで、教えあいながら練習を行っています。

運動不足解消!ストレス発散!ダイエット!どんな理由でもOK!
経験・未経験はまったく問いませんので
私たちと一緒にバドミントンで楽しく汗を流しませんか?

施設内に託児所も併設されているので乳幼児ママも楽しんで頂けますよ!
みなさまのご参加をお待ちしております☆

詳細はHPをご覧ください
↓ ↓ ↓

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

6/11 統合心理学(Psychosynthese)のワークショップ

<わたしなりの女らしさ>

©copyright für Text und Foto, R&R Asano

「あなたの中には、泉があります。そしてその泉は、あなたが掘ることを止めない限り、

決して枯れることはありません」(マルクス・アウレリウス)

あなたは、「女らしさ」というテーマについて、どのように感じていますか。そして、その「女らしさ」とは、あなたにとってどのようなものでしょうか。

女性が、「女性であること」を見つめることは、アイデンティティーを育てていくのに、とても重要な役を果たします。女性は、このようにあるべき、というような社会通念や因習に自分がとらわれていないか、評価することなく中立の立場から自分を見直して、そこから、自らの可能性に目を向けていきましょう。あなたがあなたらしい個として成長していくように。

今回のワークショップでは、「わたしなりの女らしさ」に焦点を当て、美術にみる女性像を手がかりに 、あなたの中に、女性としてのどんな面がありそうかを探り出し、それを発掘していきたいと思います。

あなたの中にある未知の面を、普段の生活に取り入れていくことで、あなたという個が豊かになっていきます。あなたらしい人生を創り上げていくための、大事なステップです。

今回のワークショップは、女性なら年齢を問わず、だれでも歓迎ですので、こぞって、ご参加ください。からだを感じながら、遊び感覚のワークを、楽しくしてまいりましょう。

定員は6名ですが、参加者4名から、ワークショップを行います。

講師:  

浅野 玲子

Institut für Psychosynthese und Transpersonale Psychologie, Köln認定
統合心理セラピスト

*ワークショップの詳細*

日時:    2018年6月11日(月)18時ー20時30分

場所:    指圧マッサージスタジオAQUAplus内

               (注:ワークショップ当日、AQUAさん定休日)

                Charlottenstr. 75, 40210 Düsseldorf

受講料:                15 EUR

支払い:                ワークショップ当日、現金支払い

                                お釣りのないようお願いいたします。領収書をご用意いたします。

申し込み:           Eメール: reiko.asano1400@gmail.com

                               お申し込み受領後、確認のメールを送付いたします。

申込締切:           2018年6月9日(土)

*子育て中のお母さん方へのメッセージ*

私は、1986年にドイツに来てから、長いことデュッセルドルフ在の日本企業で営業のアシスタントなどの仕事に携わってきました。2006年、当時勤めていた会社が清算。解雇されたのをきっかけに、人生の意味・生きがいについて深く考えるようになり、統合心理セラピスト養成の勉強を始めることになりました。そこでは、自分と向き合い、自分を見直すことが大前提でした。こうして「心の開拓」が進むにつれて、ひとりの人間の可能性がいかに大きいかを感じることができるようになりました。
子育て中のお母さん方は、毎日、お子さんや、ご家族の世話で忙しさを極めていらっしゃることと思います。ワークショップを通じて、しばし、心の目をあなたご自身に向ける時間をもうけてみませんか。心のちいさな旅をなさり、あなたご自身との結びつきを感じられる機会になれば、とてもうれしく思います。・・・・・・浅野玲子

 

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

5/20 フリマのお知らせ

Nordstraßeの近くでフリマを開催します。

5月20日(日)

11時〜15時

Seydlitz Straße 27, 40476 Düsseldorf

小銭を携えて、ぜひ足を運んでみてください。

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント