ヒサコラムー小学1年生の成績

ドイツの公立モンテッソーリ小学校に通う次男坊にとって、はじめての三者面談でした。日本の三者面談では、主に先生と親が話すイメージですが、ここでは先生と子どもがメインで話をします。その中で親と先生との会話は付随的です。

モンテッソーリ小学校では、4年生の半ばまで成績表の中身は記述式になっており、1ー5あるいはA-Dといったような評価がなされません。細かい文字でひたすら、授業態度や社会性(お友達と仲良く遊んでいるか、人助けができているか、ルールを守れているか)についてみっちりと書かれています。

今回の三者面談では、先生と子どもとのやり取りが面白かったので、ここに記述します。まず、先生が1年生用に用意した10個ほどの質問表に沿って子どもに質問していきます。

・机の上や机周りを整理整頓できているか
・人をののしったり、汚い言葉ではなしていないか
・お友達と仲良く遊べているか
・集中力があるか
・丁寧にプリントやノートに書いているか

といった内容で、社会性をテーマにしたものが殆どです。

3つの評価のなかから、まずは子ども自身が自分の評価をします。その際、緑(ポジティブ)、黄色(まぁまぁ)、赤(ネガティヴ)の、どの評価か、そこに石を置きます。その後に、先生が先生の思う評価の場所に石を置きます。そして、口頭で子どもに何故その評価なのかを説明します。

子どもと先生の評価が同じであれば、具体的な日常での例を挙げながらひたすら褒めていました。また両者の評価が違った時は、どうしたらよい評価になるのか、何が足りていないのか、どこを改善すべきなのか等を具体例を挙げながら説明していました。

この1対1のやりとりを傍観しながら、私は子どもの具体的な学校生活を垣間見る事ができましたし、子どもは具体的に自分が改善すべき点、すばらしい点を認識し、とてもいい機会になっているようでした。

まだ数字で評価してもピンとこない1年生にとって、先生と会話しながら、自分の思う自己評価と先生の評価とを会話の中で擦り合わせていく様は、とても興味深いものでした。

目的は決して子どもたちの良し悪しを他者と比較により測定して、順番付することではありません。目的は個々の子どもが、集中して勉強し、助け合いながら、規律を守り、学校生活を充実させることなのです。その目的にリーチするため、とても有効な面談方法だと思いました。

文責 りんごの木管理人 ヒサコ

カテゴリー: お知らせ, ヒサコラム, ピックアップ | コメント

Duo Yamamotoピアノ教室のコンサート♪レポ!

今回はデュッセルドルフでピアノ教室を主宰されているDuoYamamotoの山本彩加先生の生徒さんによるコンサートに行ってきました。

もともとDuo Yamamotoは姉妹(ゆか&あやか)によるピアノのデュオで国内外で活躍しておられます。生徒さんによるコンサートでは、3歳から78歳までの幅広い年齢の方が、それぞれの目標に向かって、演奏しているのが印象的でした。

 

第1部では、ピアノが初めてのちびっ子たちによる演奏から、中高生によるバッハのイタリアンコンチェルト、ショパンのエチュードやスケルツォなどの演奏もあり、それぞれのレベルにあった選曲がされており、聴きごたえのあるプログラムでした。78歳の最年長生徒さんの演奏は人生経験豊富なだけあって圧巻でした。

 

第2部は、講師がピアノデュオのスペシャリストということもあり、親子や兄弟姉妹による連弾演奏が続きました。3歳児とママの連弾だけでなく、パパ(ピアノ)と息子(バイオリン)や、小さな姉妹による連弾は、微笑ましかったです。また、小学生男子4人組(ピアノ1人、バイオリン3人)の室内音楽もありました。伴奏としてのピアノ演奏というのも垣間見ることができました。トリはDuo Yamamotoによる4つの手で奏でる連弾(Vierhändig)!曲はドボルザーク
Legends Op.59。ショパンコンクールまで運ばれ、弾かれたという超高級グランドピアノ(Shigeru Kawai)の素晴らしい音が、プロの手によって会場中に響き渡り、鳥肌でした。

あやか先生がフィンガートレーニングの資格をもっているためか、生徒さんたちは細かい綺麗な音を出す演奏が多かったように思います。また、日本のピアノメーカーKAWAIの協力により、超高級グランドピアノを弾ける機会が得られるのは、子供たちにとっても貴重な体験だと思いました。ぜひ私もボケ防止のためにピアノを再度始めてみようかなとモチベーションが芽生えるいいきっかけとなりました。

 

Duo Yamamoto音楽教室連絡先
Email: duoyamamoto.lesson@gmail.com
Web: http://lesson-Yamamoto.wixsite.com/klavierschule

 

文責 りんごの木管理人ヒサコ

カテゴリー: お知らせ, ピックアップ, 習い事 | コメント

カルチャーカフェのご案内3/8

 3月8日(金)19:30-21:30 

公文式オーバーカッセル教室にて 

Niederkasseler Kirchweg 112, 40547 Düsseldorf 

(日本人幼稚園の2軒隣です。付近に路上駐車できます。) 

 

講師: 木村 護郎クリストフ (きむら・ごろう くりすとふ) 

1974年生まれ。東京外国語大学ドイツ語学科卒業、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了。現在、上智大学外国語学部ドイツ語学科教授、同大学院国際関係論専攻主任。専門は言語社会学、ドイツ社会研究。異なる言語を持つ人々がどのようによい関係を作っていけるかが基本的な研究主題。編著書『言語的近代を超えて―<多言語状況>を生きるために』、『節英のすすめ―脱英語依存こそ国際化・グローバル化のカギ!』、『多言語主義社会に向けて』など。 

テーマ: 「~対立・侵略・追放・和解~ドイツ・ポーランド関係史から考える東アジアの隣国関係」

今回の話の要点は、三つあります。一つは、日本の海外居留民、特に満洲移民の引揚げと東方ドイツ人の戦争体験(敗戦体験)の驚くべき類似点に注目するということです。それをふまえて、第二に、ドイツおよびポーランドという国、またドイツ人とポーランド人が戦後、隣の国(民)との関係をどのように修復しようとしてきたのかということを見てみたいと思います。最後に、それをとおして、東アジアの中にある日本の現在、過去、未来と向き合う上で、何か示唆することがあるか、そして隣国同士の対立・不和を乗り超えるために何が必要なのかを考えてみたいと思います。 ドイツについては、歴史と向き合う姿勢が素晴らしい、日本もドイツから学ぶべきだという声が聞かれる半面、ドイツと日本は事情が違うのにドイツを持ちだすことについて疑問をもつ意見もみられます。私としては、ドイツの例を理想視したり真似ようとしたりするのでもなくドイツとの比較を単純に嫌がるのでもなく、似ている面と異なっている面をみすえて、日本のことを考えるきっかけにできれば有意義だと思っています。 

どなたでもおいでください。

ただし、会場準備の都合上、3月8日(月)までに必ずお申し込みくださいますようお願いいたします。

連絡先:culturecafe@outlook.jp

Tel:0211-573573 (月・木 14:00-19:00) 

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

ヒサコラムードイツでの高校卒業後のキャリアの作り方

我が子が現在小学校4年生となり、小学校から次の学校へと進路を選択する時期がやってきました。日本でしか教育を受けてこなかった私には全くの未知の世界。周囲のドイツ人のティーンたちがどんなキャリアパスを歩んでいるのか、妙に気になりはじめました。いろんなティーンの実例を聞いてみると、日本とは全く違う様子だということがわかりました。高校卒業後、つまりAbitur(ドイツでの卒業資格&大学入学資格の試験)を終えた後、そのままストレートに大学に行こうという人だけではないようです。

とあるドイツ人女子(正確にはフランス人とドイツ人のハーフ)は、高校時代に病院でのインターンをして、心理学に強い興味を持ちました。心理学部はドイツでは大人気の学部であるため、入るのに数年待つことがあるそうで、彼女はただぼーっと待つのではなく、また他の学部でまず過ごそうというのでもなく、Abiturの後は3年間いくつかの病院でAusbildungをして働くことを決めました。そこで、看護の仕事をしながら資格取得(Ausbildung)をし、その後に心理学を勉強しようと計画しています。また、ひとりの男子は、高校卒業後に銀行で働くことを決めました。銀行で数年働いた後、自身の興味が徐々に具体化し、その後に法学部に入学し、いまは立派な弁護士として働いています。

そう、高校卒業後にそのまま大学に入るという「当たり前」がないのです。みんながそうしているからではなく、自分のキャリアのためにはどうしたらいいのか、自分のために自分らしい選択をしているのです。

高校卒業後に「とりあえず大学に行く」という、日本の「当たり前」を今一度問い直す必要があると思いました。確かに、日本では大学時代にバイトをして、技術を身につけたり、自分の関心を掘り下げるということはできます。しかし、もう少し社会にも学生自身にも寛大にやりたい事を見つけられるような社会風土があってもいいのではないかと思うのです。大学生の就活のあり方がやっと変わろうとしていますが、大学に入る前のところも見直す必要があると思いました。

文責 りんごの木管理人 ヒサコ

カテゴリー: ヒサコラム, ピックアップ | コメント

マタニティ体操クラス(子連れ大歓迎)

講師自宅スタジオでの少人数制クラスです。
出産予定が2月末、3月上旬ぐらいまでの元気な妊婦さん一緒に出産力を高めましょう!

日時:毎週月曜日

10:30-11:30(その後お茶タイム、情報交換にご活用ください.

1月7日、14日、21日、28日
2月4日、11日、18日(予定)

場所、詳細は直接お問い合わせ下さい。

お問い合わせ
Tomoko Tezuka (Staatl.anerkannte Gymnastiklehrerin)
tomoko@posteo.de
Tel:01577-198-9936

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

9世帯合同フリマ開催 1/12

☆日時☆
2019年1月12日(土)
10時~15時

☆場所☆
C´ena
Lütticher Str.15, 40547 Düsseldorf

本帰国者含む計9世帯での出店です。

ぜひぜひお立ち寄り下さい。
お待ちしております!

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

この野菜どうやって使う?

ごぼう風野菜できんぴら

りんご屋さんでずっと気になっていたSchwarzwurzel という見た目はかなりゴボウな野菜を発見。勇気を出して購入し、ゴボウと同じ扱いできんぴらを作ってみました。

結果、しゃきしゃき感があり、ゴボウ風きんぴらとして美味しく頂けました。が、ゴボウのような香りはありませんでした。シャキシャキ感があったので、私の期待値があがってしまったのでしょう。

とはいえ、アジアンスーパーでどこ産とも分からぬ化学物質たっぷりなゴボウを食するより、いい気がします。

きんぴらをするなら、セロリの根っこを千切りにして、それをきんぴらにする方が、ゴボウではなくセロリのほのかな香りがします。

まとめますと、シャキシャキ感を楽しみたい派は、写真にもあるSchwarzwurzelを、香りを楽しみたい派は丸いセロリの根っこできんぴらをすることをオススメします。

お節料理にあと一品!という方はぜひお試しください!

りんごの木管理人ヒサコ

カテゴリー: ドイツの暮らし, ピックアップ, ブログ, 食材/料理/レシピ | 2 コメント

2ー5歳のサッカースクール体験レポ!

モトリック(身体的能力)を高める2ー5歳のためのサッカースクール

Futzballはミュンヘングラードバッハなどの有名サッカークラブユースのトレーナーたちによるサッカースクールです。最近は2歳~5歳というまだサッカーのルールが分かっていない子どもたちに、サッカーを通して、遊びながら身体能力を高めるというプログラムも提供しています。

今回はりんごの木管理人の次男坊をこのプログラムに送り込み、その体験レポをお伝えします!

土曜日の朝10時、年齢は2歳の子から5歳まで、男の子も女の子も混ざって プログラムがスタートしました。まずは一人づつボールをもらい、ドリブルしながら音楽に合わせて体育館の中を走り回ります。音楽がストップ!すると、平均台の上に走って行き、ボールを上にあげて立つという練習(というより遊び)を何度も行います。中には、パパやママも各自ボールを蹴って、楽しんでいる人もいました。このドイツのテキトー感は結構すきです。

そのあとは、小さな3つの色のコーンを使います。定位置で足踏みをしながら、子どもたちはトレーナーが支持した色のコーンをスピーディーに取るという反射反応のトレーニングをします。

途中からは親子対決もしました。トレーナーがドイツ語で頭、胸、おしりと場所の指示を出すので、足踏みしながら手を支持された身体の部位に置いていきます。そして、フェイントでコーンの色を言った瞬間、支持されたコーンを取ります。親子で先に取った方が勝ちというトレーニングで、りんごの木チームでは、相当盛り上がりました。2対3ですばしっこい次男坊が勝ち。私も若くてオトコマエなトレーナーとのハイタッチをモチベーションに、必死に参加しました。ということで、ヨコシマな気持ちさえあれば、ママも楽しめるプログラムであることが明らかとなりました。

土曜日はパパが子どもとこのプログラムを通して、親子のコミュニケーションをはかるのもおススメです。ママはひとりでカフェにいったり、お買い物をする時間にあてるのも乙です💙

そして、次は子どもにとってのハイライト、ジグザグドリブル&シュートの練習です!コーンをジグザグにドリブルしながら、最後はシュート!ゴールが決まると、トレーナーが子どもとハイタッチ!ゴールが決まると、みんなで拍手をしてくれるのでテンションが上がります。

最後は子どもたち輪になってMührenzieh(にんじん引っこ抜きゲーム)をします。子どもたちはうつ伏せで皆で輪になって手をつなぎます。トレーナー足をひっぱり、繋いている手を引き離そうとします。子どもたちは一体となって耐えます。なんとなく一体感が生まれ、子どもたちもケラケラと楽しそうでした。そんなこんなで約1時間のプログラムは終了しました。

 

 

感想としては、サッカーをやらせる、やらせないに関わらず、子どもの身体能力を高めてくれるので、子どもにとってはプラスになると思います。ドイツのいい意味でユルい空気なので、子どもに強制することなく、親もストレスフリーで楽しめました。

トレーナーに聞いたところ、日本人の子どもたちもぜひ!とのことでしたので、ぜひ私はおススメしたいです。動作を見よう見まねでできるので、ドイツ語ができなくても問題なく楽しめます。ぜひ、お子さんの基礎身体能力を高めたい方にはおススメです!

【フッツィバールの詳細】

主催: Futziball.de

開催場所 :デュッセルドルフでの開催は

Ballspielverein 04 e.V. Düsseldorf
Hans-Böckler-Straße 31
40476 Düsseldorf
www.bv04.com

毎週土曜日 10:00-11:00  と  11:00-12:00

次シーズンのトレーニング期間

2019.01.26.- 2019.04.06.

申し込みはこちら → http://futziball.de/anmeldung/

りんごの木のinfo宛にご連絡を頂ければ、日本語でも申し込みが可能です。

お気軽にお問合せください!

(その他のシーズン・開催場所での日程も掲載されています)

ぜひお気軽にお申込みください!

カテゴリー: お知らせ, ドイツの暮らし, ピックアップ, 習い事 | コメント

Marche de Noel 11/24

Petite Bさんがクリスマスマルクトを行います。

ぜひ一品モノのかわいい手作り品をお求めにお越しくださいね。

https://www.atelier-petiteb.com

ちらしをクリックすると拡大されます

カテゴリー: お知らせ, イベント情報 | コメント

12/16 音のつみきシリーズ♬クリスマスコンサート

デュッセルドルフに住む子供達に上質な音楽を届けたい!!

そんな想いと共に始まったDuo Yamamotoによる音のつみきコンサートシリーズ。
0歳から入場可能!家族みんなで本格クラシックコンサートを楽しめます。小さなお子様から大人までみんな一緒に楽しめるプログラムになっており、今回のプログラムはクリスマススペシャルです。
毎回好評を頂いている、休憩時間での飲み物と手作りお菓子。今回もプロのコックさんが作るお菓子をお楽しみいただけます!
コンサートはただ聴くだけではなく、お子様参加型のコーナーもあります。
休憩込みで一時間のコンサート。
授乳室・オムツ替え室もありますので赤ちゃん連れの方も安心してお越しいただけます。
‹日時› 2018年12月16日(日) 15時開演
‹場所› 恵光ハウス  Brüggener Weg 6, 40547 Düsseldorf
‹入場料・お菓子と飲み物付き› 大人15ユーロ 子ども10ユーロ 2歳以下は入場無料
‹チケット申込› Tel. 0176 2549 0762   duoyamamoto.lesson@gmail.com
‹Duo Yamamotoについて›
2009 年、当時の留学先ウィーンにて山本悠加・山本彩加が結成した姉妹ピアノデュオである。2013 年にピアノデュオコンクールの最難関といわれるマレイ・ドラノフ国際2 台ピアノコンクールで満場一致の第一位を受賞し、その後国際的に活躍している。これまでに、日本国内やイタリア・ウィーン・ドイツ・アメリカ・南米でのリサイタルの他、ベルリン・フィルハーモニー、ウィーン楽友協会等において活発なコンサート活動を広げている。Deutschlandfunk ラジオではリサイタルの全模様がドイツ全土に配信され、日本航空(JAL)の機内誌Skyward 国際版にはインタビュー記事が掲載された。ロストック音大国家演奏家資格課程最優秀終了。妹の彩加は、欧州在住者唯一の御木本メソッド認定講師。
カテゴリー: お知らせ, イベント情報, 遊び/おでかけ | コメント